バーチャルPC

「パソコン上で、もう一台別のパソコンを操作する」、それをソフトウェア的に仮想のコンピューターを作り上げることで達成したものが「バーチャルPC」などと呼ばれています。
以前からかなり技術開発・研究が進んでおり、パソコンやOSそのものの性能が格段に向上した現在では、パソコンの中で動くパソコンとは思えないほどの驚異的なパフォーマンスを発揮します。

関連項目:サンドボックス 、 エミュレーション

なぜそうした仮想のPCが必要なのか?

バーチャルPCは、あるPC上で、独立した仮想的なもう一台(または複数台)のPC環境(仮想PC)をもつことです。
本来、もう一台ハードウェア(要はパソコン本体)を用意せずに、ソフトウェア的に利用できる手軽さが特徴です。
その仮想PC上で、「どんなオペレーティングシステム(OS)を動かすのか?」、「どんな作業を行なうのか?」が一番の目的となります。

バーチャルPCは、主に以下のような目的を達成するためのひとつの” 手段 ”として利用されています。

  • ソフトウェア・アプリケーション・プログラムの検証
  • 独立した閉鎖環境で行なうべき試験・テスト
  • 現在利用中のホストとなるPCに搭載されているOS以外のOSの利用
  • その他

セキュリティの観点から、その主なメリットは以下の通りです。

  • 仮想PC上がウィルス・マルウェアなどのいかなる汚染・感染を受けても、ホストであるPCに影響を及ばさない

※現在、編集中です。