3年連続高評価の最新セキュリティ対策総合ソフト「Bitdefender Internet Security 2015」がフル機能で6ヶ月(180日)無料

ようやく日本でも知名度が上がってきた様子の「Bitdefender」ですが、なんと、このたび期間限定で一般ユーザー向け最上級機能を搭載した最新版「Bitdefender Internet Security 2015」の6ヶ月(=180日)ライセンスを無償配布していることがわかりました。
いつまでこのキャンペーンが張られているかはわかりませんが、 メールアドレスさえ用意できれば複数台分のライセンスキーも取得できるようなので、早めに取得されることをおすすめします。

Bitdefender Internet Security 2015 の特徴

いくつかの新機能が2015から搭載されていますが、ウィルス対策ソフトやセキュリティスイートの機能や性能についてはすでに世界的に飽和している状況なので、基本的な信頼性も含めて不都合はないはずです。
ただし、長期間の無償版の宿命ともいえる日本語インターフェイスはやはり搭載されていません。
とはいえ、ファイアーウォールの細かいルールを手動で設定するレベルのことでもなければ、通常はインストール後に何かを操作することもないので、このあたりセキュリティ対策ソフトは気楽ではないでしょうか。

英語ですが、主な機能一覧は以下のとおりです。

Bank Online Without Worries

Make online transactions from a unique, dedicated browser, that secured your accounts from fraud. Bitdefender Safepay™ can now also automatically fill credit card details in billing fields.

Active Virus Control

Active Virus Control is a proactive, dynamic detection technology. It monitors processes’ behavior in real time, as they are running, and tags suspicious activities.

Rescue Mode

If e-threats, such as rootkits, cannot be removed from within the Windows operating system, the computer is re-booted in Rescue mode — a trusted environment which is then used for cleanup and restoration.

Quick Vulnerability Scanner

With a single click, the vulnerability scanner automatically warns of missing or outdated software, missing Windows security patches, and potentially unsafe system settings.

Security Report

Displays your overall security status for the past week, as well as the total issues fixed by Bitdefender since installation. Includes freed up space, optimized apps and remaining available storage.

Security Widget

Enables you to keep track of all of your security-related tasks, plus lets you quickly and easily drag-and-drop files for quick scanning for viruses — right from your desktop!

Online Dashboard

MyBitdefender offers quick online access to your local Bitdefender software, allowing you to run scans, check security statuses for each device, extend your services or easily access support.

Remote Management

Remotely scan and fix security issues on all of your Bitdefender-protected devices from anywhere, using MyBitdefender.

USB Immunizer

Immunizes any Flash Drive from viruses when they’re connected to your computer so you never worry again about USBs infecting you or your friends.

 

 

Bitdefender Internet Security 2015 6ヶ月(180日)フル機能無償版のダウンロード

 

 

以下の公式サイト特設ページURLへアクセス。

http://www.bitdefender.com/media/html/60-second/index.html

上の画像のようなページが表示されるので、”Please insert an email”に有効なメールアドレスを入力し、直下の確認コードを入力の後、「GET FREE LICENSE」ボタンを押下。

先ほど入力したメールアドレス宛に、ライセンスキーコードとソフトウェア本体のダウンロード先が記されたメールが届くので指示に従ってください(英文です)。

 

2014ベストウィルス対策ソフト受賞の総合セキュリティスイート「Bitdefender Internet Security」180日版が無料!2014/6/10まで

3年連続高評価の最新セキュリティ対策総合ソフト「Bitdefender Internet Security 2015」がフル機能で6ヶ月(180日)無料

2014年12月に、最新版Bitdifender2015フルセキュリティ対応の180日(6ヶ月)無償版のダウンロード方法について記事を掲載しました。

先日のエントリー「無料PC向けウィルス対策ソフト「BitDefender AntiVirus Free 2014」64bit 32bit – Avira、Avast!、MSE、AVG比較」にてお伝えした無料のアンチウイルスソフトのBitdefenderですが、公式サイトにおいて、その上位バージョンである有料のセキュリティスイート版の180日間(6ヶ月)有効なライセンスキーが無料で配布開始されました。
激化するセキュリティ製品業界でのシェア獲得を狙うもののようですが、今回のキャンペーンの詳細は、stacksocial.comの企画と、AV-TEST.ORGでの2014年ベストアワード受賞を契機にしたもののようです。
2014年6月10日までの期間限定のようなので、ファイアーウォール迄含めたセキュリティ対策に興味のある方、無償版で性能を試してみたい方、MSEなどの無料製品以上の性能を試してみたい方、ウィルス対策ソフトの有効期限が切れた(切れそうな)方、いかがでしょうか?

Bitdefender Internet Security 無料180日版ライセンスキーの入手方法

まず、以下のサイトへアクセスします。

http://www.bitdefender.com/media/html/stacksocial/

画面の右のライセンスキー申請用の入力を行います。

 

 

 必要事項入力の上、赤い GET FREE LICENSE のボタンを押下すると、メールアドレス宛にソフトのダウンロードリンクとライセンスキー、及び、インストール方法やMyBitDefenderの説明が英文で届きます。

Hello!

We are very excited that you have selected Bitdefender to keep your PC, files, and identity safe from e-threats!

You have claimed your promotional key and can now install 6 FREE MONTHS of The Best Antivirus of 2014!
Please keep in mind that you have 30 days to activate your product.
(注意!30日以内にかならずアクティベーション(認証)を完了させてください)

Your complimentary license key is:

XXXXXXX ← ライセンスキー

Bitdefender Internet Security

1 How do I install?(インストールの仕方)

First, please download and save the product from the link below:
(まずはじめに、以下のURLから製品をダウンロードしてください)

※注. 以下のリンクはセットアップファイルのダウンロードマネージャになりますので、32bit、64bitそれぞれのソフトウェアのみを入手したい場合は、このページの一番下部の項目まで進んでください。

http://download.bitdefender.com/windows/installer/en/bitdefender_isecurity.exe

Now simply run the installation file. (さっそくですが、ダウンロードしたファイルを実行してください)
This usually takes only a few minutes.(数分かかります)

Note! Bitdefender will detect traces of other antivirus software and ask your permission to remove them.
After removal, please restart your PC, then restart the installation.
(BitDefenderは、まず、競合防止の為、お使いのPCにすでにウィルス対策ソフトが導入されていないかをチェックし、必要であれば、アンインストールと再起動を促します)

2 How do I activate?(180日版製品の認証有効化:アクティベートの方法)

During installation, you will be asked for your license key.
(インストール中に、上記のライセンスキー入力が求められます)
Simply insert the 7-character code provided earlier in this email.
(メール上述に記載の7桁のかんたんなコードを入力してください)
To finalize the activation, log in to your free MyBitdefender account, during the Getting Started stage.
(認証を完了することで、MyBitDefenderアカウントの登録とスタートアップが開始されます)

3 What is MyBitdefender?(マイ・ビットディフェンダーとは?)

Meet your new security dashboard (my.bitdefender.com), an essential part of your online security, accessible anytime, anywhere, from any internet-connected device. We strongly encourage you to use it to:
(インターネット接続環境があれば、PCやスマホなどどんなデバイスからも一元的に特質なセキュリティ管理がオンライン上で一目瞭然に行えます)
(可能な限り利用をおすすめします:※登録なしでもおそらく利用は可能です)

・Protect yourself on Facebook with Bitdefender Safego™
(ビットディフェンダー セーフゴーによるfacebookアカウントのプロテクト)

・Remotely manage the security of your devices
(リモートによる機器上のセキュリティチェック)

・Watch over your kids in the online world with Parental Control
(子供たちを守るための、ペアレンタルコントロールを目的とした監視)

 

 総合セキュリティスイート:Bitdefender Internet Security 2014の性能比較

 画像のグラフで見たほうがわかりやすのですが、AV-TEST.ORGのそれぞれ、カスペルスキー、シマンテック、マカフィー、AVG、マイクロソフト(MSE)との性能比較結果が公表されています。
2013年1月~12月、つまり、2013年の通年でのトップの成績ということですが、これが2014年度ベストアワードの根拠ということでしょう。

感染防御能力の比較結果2013.01-12
PCに与える負荷の低さの比較結果2013.01-12

 ちなみに、セキュリティ製品の第三者性能評価機関としてのAV-TEST.ORGですが、レポートはまめで網羅している製品数も多く、個人的には参考情報としての尺度は高めです。

 

 32bit版、 64bit版 それぞれのダイレクトダウンロードリンク

32bit版

http://download.bitdefender.com/windows/desktop/i_security/2014/en-us/bitdefender_is_17_32b.exe

64bit版

http://download.bitdefender.com/windows/desktop/i_security/2014/en-us/bitdefender_is_17_64b.exe

無料PC向けウィルス対策ソフト「BitDefender AntiVirus Free 2014」64bit 32bit – Avira、Avast!、MSE、AVG比較

3年連続高評価の最新セキュリティ対策総合ソフト「Bitdefender Internet Security 2015」がフル機能で6ヶ月(180日)無料

2014年12月に、最新版Bitdifender2015フルセキュリティ対応の180日(6ヶ月)無償版のダウンロード方法について記事を掲載しました。

Windows8以降、マイクロソフトが「Windowsディフェンダー(MSE:Microsoft Security Essencials 同等)」としてウィルス対策ソフトを標準搭載してきたことや、次々と発覚する凶悪なセキュリティホールの存在、その振る舞いや手口がどんどん巧妙化するスパイウェア、マルウェア、スクリプト、ネットワークウェアの進化に伴う著しいP2P化など、某ウィルス対策ソフト大手の技術者が音を上げるほどにウィルス対策ソフトベンダー(企業・開発)は切羽詰まっているようです。

こちらで紹介するBitDefender(ビットディフェンダー)も、もとは有料(有償)製品であったもので、ある時点から無償バージョンの配布を開始しています。
日本ではまったく馴染みがなく、つまり、インストール後も日本語画面は用意されていませんが(英語他)、企業としてのセキュリティ対策への取組やポリシーを含め、数年前から一定の評価を受けているベンダーです。

英語のソフトウェアが苦手なかたも少なくはないでしょうが、インストール後に頻繁に画面を開いて作業したり設定を弄るなんてことはウィルス対策ソフトにおいてはほとんど考えられないので(言うなれば、入れっぱなしで放置プレイ)、「無償でより高性能なものを試してみたい」という需要にはぴったりではないでしょうか。

 

無料ウィルス対策ソフト 間での性能比較調査

インストール完了時に、誇らしげにこんなウィンドウが表示されます。

 

 avast! free、AVG Free、Avira Freeとのグラフ比較ですが、Webサイトでも以下のようにPRしています。
 2013年2月のAV-TEST.ORGの比較テストの総合評価ですが、2014年5月時点ではまた少し変わってきています。
MSE(マイクロソフト)が突き抜けて性能が高くない(「低い」という表現は使いません。一般的な用途では必要十分だと思います)ので、これを除けば、この四者は毎回、”怪しい振る舞いを行う 疑わしきプログラム”の判定あたりで評価が変わってきたりして、ある程度流行によって変動する順位でもあると考えています。
逆に、ウィルス対策ソフト評価機関が、これほどベンダーに影響を与えるようになってきたことの証左でしょう。
ユーザーにとって歓迎すべきことで有って欲しいものです。

BitDefender 無料ウィルス対策ソフト ダウンロード

・製品紹介ページ

Bitdefender Antivirus Antivirus Free Edition
A free antivirus that uses #1 ranked technology and is feather-light.

http://www.bitdefender.com/solutions/free.html

 ・ダウンロード リンク

32bit (x86) Windows用

http://download.bitdefender.com/npd/free/Antivirus_Free_Edition.exe

 64bit Windows用

http://download.bitdefender.com/npd/free/Antivirus_Free_Edition_x64.exe

 

 インストール中に trufosなどの仮想ドライバを組み込まれます(サービス起動)。

インストール後、鬱陶しい広告は出ませんが(出さないと明言されています)、My BitDefenderとしてユーザー登録は促されます。
登録せずとも利用を続けるのは可能なようですが・・・?
利用者数増える→検体の獲得数増える+ユーザー数に応じて出資者獲得→高精度エンジン開発→企業成長の循環もあるので、無料メールアドレスなどで登録してあげるのも支援の手立てかと思います。

名前は無記名でもOK。
メールアドレス、パスワードのみで、送信後メールアクティベーションで完了です。

もちろん、facebookやGoogleアカウントでも登録可能。
ソーシャルアカウントのこれらのほうが歓迎(貢献)されるでしょう。

ただ、デフォルトブラウザの設定無視でIEが自動で開かれるのが気に入らない感じがします。
けっこうPCの設定(PC名、ネットワーク名その他)を拾っているので(有償版でもそうでしょうが)、一応の留意は必要かと思います。

https://my.bitdefender.com/en_us/my/?app=desktop/#page=main.login

SSL証明書

CN = Thawte SSL CA
O = Thawte, Inc.
C = US

 

BitDefenderから、無料のUSBメモリオートラン(自動実行)感染ウィルス防止・免疫化ソフト「USB Immunizer」リリース!

近年、Trojan.AutorunInf、Conficker worm(Win32.Worm.Downadup)またはWorm.Autorun.VHDオートランなどの悪名高き(自動実行型)ベースのマルウェア(悪意あるプログラム)が世界中でその脅威をふるいだしています。

さて、この「オートラン」という機能、ほとんどのひとは知ってるはず。 CD-ROM、DVDのディスクなどをパソコンの光学ドライブから読み込ませた際に、自動的にインストールが始まる、例のアレです。

もともと、パソコンに不慣れなビギナーユーザーが、メディアからのソフトウェアのインストールなどを簡単にできるようにする目的で、Windows XPあたりから導入された仕組みでした。
しかし、その補助機能があだとなり、ユーザーの自動実行機能を逆手にとり、急速にサイバー犯罪者による感染ルートターゲットとなっています 。

今回、そうしたセキュリティトラブルに対応するべく、ビットディフェンダー社より無料でリリースされたのが「USB immunizer(イミュナイザー)」です。

操作は二通りと、いたってシンプル。

USBイミュナイザー起動画面と操作説明

ひとつは、ソフトを起動して、ドロップダウンリストから自分のパソコンに接続競れている対象となるUSBメモリやSDカードなどのリムーバブルメディアを選択し、「IMMUNIZE(免疫化)」ボタンをクリックすれば、オートランベース(自動実行型)のウィルス・マルウェアの感染に対する予防が可能になります。

これにより、万が一、USBメモリやストレージ・デバイスを感染したコンピュータにプラグイン(接続)したとしても、マルウェアのオートラン自体を防止し、また、autorun.inf(接続時のオートラン自動実行情報が書かれているファイル)の作成も撲滅します。

もうひとつの機能としては、「IMMUNIZE COMPUTER(コンピュータの免疫)」スライダスイッチを使用して、Windowsの持つオートラン(自動実行)機能を切り替えるというものです。
(※ただし、CD / DVD-ROMなどの光学デバイス・リムーバブルメディアは除外)
これは、最初の機能の逆の状況を想定したもので、万が一、感染したUSBドライブなどを自分のパソコンに接続した場合でも、USBストレージデバイス上にあるマルウェアがWindowsによって自動実行されるのを防止します。

BitDefender 「USB Immunizer」のダウンロード

以下の、BitDefender Labs.のサイトからダウンロードが可能です。
※英語サイト

http://labs.bitdefender.com/?page_id=108

画面右の「DOWNLOAD」ボタンでダウンロード開始。

ZIP圧縮された「BDUSBImmunizer1.zip(約1.2MB)」が入手できるので、解凍して出てくる「BDUSBImmunizer.exe」を任意の場所から実行してください。

90日フル機能無料!総合セキュリティ対策ソフト「BitDefender Internet Security 2011」

日本でもじょじょに浸透しつつあるセキュリティ対策ベンダーのBitDefender社から、総合セキュリティが90日間利用可能な「BitDefender Internet Security 2011」が無料ダウンロード配布されています。
以前にも、ダウンロード先が別ですが、同ソフトの90日評価体験版をご紹介していますので、機能・詳細などはそちらでご確認ください。

こちら

ダウンロード先は以下の通りです。
※インストールプログラム本体の直接ダウンロードとなります。
※英語版となります。

ダイレクトダウンロードはこちら


BitDefender Internet Security 2011の90日無料版がダウンロード可能!

きれいな女性のボックスアートでおなじみの、「BitDefender Internet Security 2011(ビットディフェンダー インターネットセキュリティ2011)」の最新版が90日間無料利用権がついてダウンロード可能です。
これは、同社がWebで提供しているMawareCity.comのプロモーションのようで、海外での浸透率はぼちぼちのようです。
日本でもこのウィルス対策ソフトは個人・企業向けにリリースされていますが、今回、最新版である2011バージョンは残念ながら国内リリースされていません。
2010バージョンの国内の製品ダウンロードページにて日本語マニュアルがダウンロード 可能です。

http://www.bitdefender.jp/BitDefender2010.php

【機能と特徴】

  • アンチウィルス(ウィルス対策機能)
    ダウンロードやファイル共有、ファイル操作などの監視
  • アンチスパイウェアプロテクション
    個人情報、ショップ、銀行、などセキュアな情報の保護
  • インスタントメッセンジャー暗号化保護機能
  • ゲームプレイモード
  • ファイアーウォール機能

当然のことながら、ひととおり以上の機能はそろっています。

肝心のダウンロードサイトは、以下のボタンからどうぞ。
表示されるプロモーションサイトのDOWNLOADボタンをクリックでOKです。
おつかれさまでした。

2010年6月のウイルス対策ソフト検知性能ランキング、Pandaがトップ!、無料のMicrosoft Security Essentialsも高位置キープ、Aviraも評価上昇

2010年6月8日、オーストリアのウィルス対策ソフト研究の非営利団体AV-Comparatives により、世界中でリリースされているウィルス及びセキュリティ(マルウェア対策・ネットワーク・ファイアーウォール含む)対策ソフトの性能比較によるランキングが発表されました。
このデータは、2010年2月期までの実ウィルス・抗体プログラム・ワクチンファイルによるもので、もちろん現時点でも有効ですが、普段目にしないソフトなどが、ある特定の種類のウィルスに強いなど時期的な理由で上位に上がってくることもあります。
そのため、今回1位のソフトを選ぶよりも、年間を通して上位をキープする選択がベターかと思います。

それでは、当サイトの経験上の独断と毒舌を踏まえた解説付き順位は以下の通りです。

1位 Panda:パンダ セキュリティ(PS Japan 株式会社) 63%
海外では多少有名
クラウド版の無料対策ソフトも提供中
http://www.cloudantivirus.com/ja/

2位 G DATA(ジーデータ) 61%
安定的上位をキープ
一般的なユーザー層への浸透が広まりつつあり
株式会社ジャングルが提供

3位(同率) Kaspersky(カスペルスキー) 59%
インターネットに強い系のユーザーに好まれる傾向
若干、効き目の強さによるパソコン動作への不可が強いか?
日本では、一太郎やATOKのジャストシステムが販売・サポート

3位(同率) Microsoft Security Essentials 59%
Windowsを作った会社が、やっぱりマイクロソフトだったことを確認させられる高順位
無料版しか存在しないので、つながらない電話をあてにしないひとにはもちろん好評
アングラサイトを覗かず、IE以外のブラウザーでネット閲覧し、Webメーラーでメール受信するひとにはほぼ鉄壁
パソコンの動作感に与える影響は、AvastやAVGと同等程度で、変な負荷が少ない

4位 Avira(アヴィラ) AntiVir 53%
無料版を用意している会社としては老舗
赤い傘のマークで、ネット上級者にはおなじみ
効き目・検知率は無料版でもピカイチ
ただし、有料版への誘導ウィンドウが数時間に一度現れることと、パソコンへの負荷が他の無料版に比べてやや強し
メモリーを潤沢に積んだPCなら(とくに64bit OS)

5位(同率) ESET NOD32(イーセット・エヌオーディー32) 52%
パソコンに与える負荷が低いわりに、効き目が強い、という評価多し
ただし、前回結果から順位を落としたことが意味するように、ウィルスに対して得手不得手があり
そのため、ネット上級者によって賛否が分かれる一品
アンドロイドのCGでおなじみ
日本では、キャノンITソリューションズが販売

5位(同率) F-Secure(エフ・セキュア) 52%
安定的順位
検知能力については、不満のない水準
ただし、パソコンへの負荷がやや強い印象

6位(同率) BitDefender(ビットディフェンダー) 50%
ファイアーウォールでおなじみ
B-HAVEと呼ばれる”ふるまい検知機能”を使った未知のマルウェアへの高い検出率とPCに優しい設計が特徴
もう少し有名になってもいいかも
今後に期待
日本ではサンブリッジソリューションズが販売

6位(同率) K7 Computing(ウィルスセキュリティZEROなど) 50%
この順位は意外と驚き
返金騒ぎがあったことで有名
日本では、ソースネクストが低価格で販売し数年前に一気にシェアを伸ばした
もとはインドの開発企業
世界の脳みそであるインド系PC関連企業の成熟とともに今後期待が高まるか?

6位(同率) eScan 50%

7位 Symantec Norton(シマンテック ノートン) 43%
インターネット創生期からの老舗・・・とはいえ、これまでのそのソフトの振る舞いから悪評は高し
自社サイトにも多数の情報が出ているが、パソコンをクラッシュさせる要因になったこともあり
日本では、古くから、新品で購入した各社のパソコンへのおまけ導入としてよくみかけられた
現時点で選択肢とはなりにくい

8位 McAfee(マカフィー) 38%
こちらも新規購入PCのバンドルとしては赤い「M」アイコンでおなじみ
近年、法人、それもとくに大きな規模の企業のサーバー系への導入が進む
Web対策にも強い
が、個人にはもうマカフィーはなじみが薄い

9位 AVG(エーヴイジー) 34%
世界的に、無料のアンチウィルスソフトといえば、というほど日本でも有名な時期が
だが、性能は他の無料ソフトに遅れをとる
軽さは、たしかに目を見張るモノがあり
MSEの出現により、導入価値は薄れる傾向

10位 Sophos(ソフォス) 32%

11位 Avast(アヴァスト) 29%
陥落・・・そういう印象がぬぐいきれないこの順位
無料で軽く効き目が常識的以上、という評価は今後どうなってしまうのか
Aviraよりは軽し

12位 Norman 27%

13位 Trend Micro (トレンドマイクロ ウィルスバスター) 26%
日本の法人では圧倒的なシェアをもつ(と考えられる)
管理機能があるためか、大手企業のPCでは、ビジネス版をよく見かける
歴史の長さが特徴
海外ではPCシリン
ただし、性能・検知能力とも常に低順位
ネット上級者にも当然受けが悪く、TVCMの影響と量販店での販売戦略でシェアを伸ばす
各社の月額ウィルス対策ソフトもこれだったり(名前を変えて売ってる場合も)
2010年7月には、インターネット閲覧ソフトで最高シェアともいえるファイアーフォックス(FireFox)へのウィルスバスターツールバーによるクラッシュ問題発生
企業などで、どうしても有償のソフトじゃないと対外的にまずい(取引先への信用などで)などの理由での導入はしょうがないが、一般個人には無料ソフトで十分以上

14位 PC Tools 17%

15位 Kingsoft(キングソフト) 11%
中国勢が、今後どれだけこのコストをキープしたまま性能を上げてくるかは見もの
それ以上の興味は・・・

 

 

一般個人なら、マイクロソフトのMicrosoft Security Essentials、これ一択できまり!

法人やショップなど、無料ソフトの使用許諾が与えられないパソコンには、5位以上のソフトを・・・。
ただし、無料版をもつ企業のソフトの有料版”以外”は、パソコンへの動作負荷が高いので、それなりにメモリーを増設するなどの対処をぜひ。

※その根拠として、パソコンの快適な動作感は、業務に与える影響、つまりストレスとともに、ファイルを開くなどの一般的操作にも時間がかかる場合があります
それらわずかなことも、積み重ねると大きな損失になることは容易に想像がつくはずです
ものによっては、人間の体と同様、ワクチン自体が悪い方へ活性化し、最悪パソコンにクラッシュをもたらす可能性もあります
本来ならば、ウィルス対策ソフトはパソコン自身にとっては不要なモノ
その発想で、外部からのファイルの移動(インターネットや外部メディア=光学ディスクやUSBメモリなどから)を最低限に抑えるなど、物理的なルールづくりこそが安定したパソコン環境の基礎となります
健全な使い手にあらずんば、効率的なPCライフは得られず、ということですね