スマホに最適!無料オンラインストレージ「Googleドライブ」、5GBでサービス開始の噂?

スマホのデータ、本体にけっこう溜めこんでいませんか?
アンドロイドスマートフォンでは、本体そのものが最大64GBのメモリをもつiPhoneとちがい、膨れ上がるmp3や動画データ、デジカメ画像、アプリやドキュメントなどを保存するのは各自で用意するメモリーカード(マイクロSDが主流)に頼っていました。
iPhoneと違い、ほとんどのスマホで32GBまでは自由にお値打ちに用途に合わせてカードチョイスすることができ、またカード自体を複数で差し替えて利用できるので、この点をメリットと考えるひとも少なくないようです。 
しかし、PCや他のネットーワークデバイスとのファイル・データのやりとりには少し苦労することもあります。
デジカメ画像のプリントなんかでもそうした話題が出ますね。 
もちろん、セキュリティの点からも、バックアップデータの置き場所を見つけておくことは必要不可欠ですし。

こうした問題をたやすく解決してくれるのが、オンライン(クラウド)ストレージです。
これは、有料なり無料なりでレンタルするネット上のデータ保管庫で、インターネット接続環境さえあれば、どこでも、PCやスマホの境目なくファイル・データを共有しやりとりすることが可能になるサービスです。

iPhoneユーザーにはAppleより無料のオンライン(クラウド)ストレージとして「iCloud」が5GBの容量で無料で提供されていますが、肝心のアンドロイド機向けにOSベンダーであるGoogleからはこうしたサービスの気配が見えませんでした。
DropBoxなどのサードが提供するサービスが現在全盛期を迎えており、今回は珍しくGoogleが後追いするかたちになっています。
とはいえ、数年前までGoogle FSという無料ストレージサービスは存在していたはずで、どうも今回はその眠っていたサービスの掘り起こしをしているとの噂です。

現在、Googleからはこのサービスについて公式にはアナウンスされておらず、この噂についてはGoogle関係者の内部リークといわれています。
ベータ版の招待画面がリーク紹介されており、これについても「いかにもGoogleのデザインっぽいけど・・・うそ臭いといえばたしかに」など真偽をあやしむ声も上がっているようです。
提供される容量が、当初1GBとリークされていたのが、2012.3.31には5GBという情報も流れ伝わってきました。
情報をリークすることによってマーケティングしているような気もしなくはないですが。

MicrosoftのSkyDriveが、Liveアカウントさえあれば25GB無料に対し、量的な競争では他のサービスでは圧倒しているGoogleがはたして5GBで済ませてくるのか、とも感じられます。
しかし、スマホなりタブレットなり、アンドロイド端末との相性を考えれば、アンドロイドの生みの親であるGoogle社にこうしたサービスを提供してもらうのが一番合理的かつわかりやすくシンプルではないでしょうか。

オンラインストレージで何ができるのか?

その答えは、ユーザーの管理能力にも依存しますが、まだまだデータの保全について情報の少ない日本では、こうしたサービスは今後ますます切り離せなくなっていくはずです。

なんと!「ウィルスバスター2011クラウド」1年間完全無料評価版!ただし!?やや上級者向け?

日本では3年連続国内売り上げNo.1の座にあるトレンドマイクロの「ウィルスバスター」シリーズ。
けれど、意外と知られていませんが、当然、他のウィルス対策ソフトと同様、海外でも販売されています。
今回ご紹介するのは、現在国内で販売されている「ウィルスバスター2011クラウド」と同等製品で海外向け名称の「トレンドマイクロ チタニウム インターネットセキュリティ 2011」の最新版の1年間(=12ヶ月365日)無料エディションです。

おそらく中国国内のプロモーションで提供されているもののようですが、1年間といえば有償パッケージとして販売されている製品とまるっきり変わらないので、これを”機能評価・比較・体験版・試用版”とよんでいいのかは微妙ですが、”軽くなった”と評価のある現行の今年度版ですので、たしかに1年の間アンインストールせずに使い切ればその実力と性能はつかめそうではあります。

ところで、見出しにも「上級者向け」とありますが、今回ご紹介するダウンロードバージョンは英語版ならまだしも、実は、中国版でして、その時点でかなりハードルが高くなっています。
そのため、できれば日本語ローカライズできないか思案したところ、日本国内の体験版バージョンのファイルを利用することで解決できました。

もちろん中国版のままでも1年間利用は可能ですが、当然ながら設定やメニューなどの表示は基本的に中国語になります。
日本も漢字圏なのでなんとかいけそうな気もしますが、ところがどっこい、中国語のパソコン専門用語はかなり難読なのが現実であったりします。 
基本的に、だいたいどのウィルス対策ソフトも、インストールさえ済ませてしまえば、後は特に設定をさわることなくそのまま入れっぱなしのことが多かったりはしますが、それでもやはり日本語表示であることは、精神的な負担も軽くなるはず。

というわけで、製品の具体的な機能・特徴・性能については国内版と同様なので渇愛しますが、 以下、インストールの手順、日本語化の手順をまとめていきます。

※本ページの内容は、海外パッケージを強制的にローカライズする手法のため、実行する場合はあくまでも自己責任でお願いいたします。
※ご利用のPCの環境などにより、完全な日本語化ができない可能性もあり、英語版で表示される箇所なども発生しますので、あらかじめご了承ください。
※100%の日本語ローカライズも可能なようですが、 都合上一部渇愛しています。

ウィルスバスター2011クラウド中国版のインストール図解

【 インストール前の準備 】

まず、中国版をインストールする前に、国内のトレンドマイクロのサイトから「ウィルスバスター2011クラウド」の30日無料体験版をダウンロードして、一度インストールしておきます。

※英語版でかまわないというかたは、ここの事前準備は省略してもOKです。

ウイルスバスター2011 クラウド 30日無料体験版のダウンロード

 

この日本語体験版のインストール手順(トレンドマイクロ公式)

つぎに、インストールが完了しウィルスバスターが起動したら、画面下のタスクバー右のトレンドマイクロアイコン(インジケーター)の上で右クリックし、開いたメニューから「終了」を選択、そしてこの日本語版「ウィルスバスター2011クラウド」のインストールフォルダをすべてデスクトップやマイドキュメントなどの別の場所にコピーしておきます。

インストールされている場所は「C:\Program Files\Trend Micro」になります。

環境によっては一部コピーできないファイルがある場合もありますが、そのファイル・フォルダについては無視しても構いません。
このコピーで特に必要になるのは「 JA-JP」といった日本語設定用ファイルが格納されたフォルダです。

コピー待避して準備ができたら、今度はいまインストールしたばかりの「ウィルスバスター2011クラウド」をアンインストールします。

これで、日本語化用の準備は完了です。

【「トレンドマイクロ チタニウム インターネットセキュリティ 2011」(中国版)のインストール】

まず、インストールに必要な一年間体験版をダウンロードしてきます。
※ダウンロード先は、この記事の一番下にあります。

ダウンロードしてきたインストールプログラムを実行します。
中国版のインストール画面になるので、ここからは画像つきで説明します。

「試用版」を選択し、右下の「下一歩」をクリックで次へ進みます。

左のチェックを確認し、右下の「同意~」ボタンをクリックで次へ

インストールが始まります。

インストールが終わるとこのウィンドウが出るので、テキストボックスに有効なメールアドレス(フリーアドレスでもOK)を入力して右下の「完成」ボタンをクリック。

次に、日本語化の準備のためウィルスバスターをいったん停止させます。
停止の方法は、画面右下のツールバーにあるトレンドマイクロアイコン(トレイアイコン)を右クリックして現れるメニューの一番下の「退出」をクリックです。

ここからの作業は大変なので少し頑張って下さい。
※英語版でよいかたは、ここを読み飛ばしてこの下の「英語版の場合」だけの手順を行なって下さい。

先ほど、コピーして待避しておいた「Trend Micro」フォルダーから、以下の画像を参考に、現在ウィルスバスター2011中国版がインストールされているフォルダに日本版ファイルをコピーします。

これを手探りで見つけるのはかなりの労力を要するので、Windowsのファイル・フォルダの検索を使い、先ほど待避したフォルダを指定して「JA-JP]の名称でフォルダ検索すると画像のように一括で見つけることができます。

 

日本語化に必要なJA-JPフォルダ一覧と、保存箇所のリスト

とりあえずの日本語化でOKなかたは、”UI”の名称がついたフォルダや”MainConsole”など”Console”の名称があるフォルダに入っている「JA-JP」フォルダのみコピーして下さい。
”plugin”などの名称のモノはスキップしても構いません。

 

ファイルのコピーが完了したら、コピー待避した以下の”UIProfile.cfg”ファイルを中国版の同様の場所に上書きコピーします。

Trend Micro¥UniClient¥UiFrmwrk¥UIProfile.cfg

※英語版でよいかたは、上のJA-JPフォルダコピーをスキップしてこの手順だけでOKです。

以上の作業が完了したら、再度ウィルスバスターを起動。
日本語化されていたら成功です。

メイン画面の有効期限が1年間のライセンスがあるかを確認してください。

肝心の1年間無料の中国版のインストールプログラムは以下でダウンロード可能です。
それぞれZIPファイルで圧縮されているので、解凍してご利用下さい。

[Windows XP・Vista・7の32bit版のダウンロード]
[Windows XP・Vista・7の64bit版のダウンロード]

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー)」90日無料体験評価版ダウンロード(≠2011)

高い検出精度とスキャン性能など、バランスのとれたウィルス・セキュリティ対策ソフトとして日本では比較的パソコン上級者(ハイエンドユーザー)に好まれる傾向にあるカスペルスキー2011ですが、β(ベータ)リリースとして現在2012年の最新リリース予定版となる「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」が90日間無料評価体験版としてリリースされています。
”インターネットセキュリティ”とあるとおり、カスペルスキー製品群でも総合セキュリティ対策バージョンとなりますので、無料のウィルス対策限定ソフトであるavast!やMSE、Avira、AVGの守備範囲を超えるセキュリティ性能を試してみたい方、現在利用している対策ソフトでは除去しきれないマルウェアやスパイウェアなどの脅威がPC潜んでいる疑いのある方など、比較・評価も含めてトライされてみてはいかがでしょうか?

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」で強化された機能

現行バージョンと比較し、以下の性能が強化されているようです。

  • タッチスクリーンサポートが追加された完全に新しいインターフェイスを採用
  • ウィルス・マルウェア・スパイウェア・ボットなどの脅威に迅速に対応するべくさらなる改良を施したカスペルスキーセキュリティネットワークによる”クラウド”型対策テクノロジー
  • 不審なファイルを実行せずともカスペルスキーのセキュリティネットワークを介してチェック・評価する機能の追加
  • 全体的なパフォーマンスと効率の大幅な改善によるシステム負荷削減の達成
  • 潜在的な脅威となるプログラムの活動を解析能力の強化
  • 更新プログラムのダウンロード・アップグレード中のコンピュータリソースへの影響を最小限に留めるよう最適化
  • 不審なソフトウェアによって引き起こされる行動のパターン情報を、分析・評価のためにKSNデータベースへ収集
  • ブートシーケンスを常に監視・調査・分析傍受し、ルートキット検出技術を改善

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」のダウンロード

以下に、直接リンクを張っています。
※英語バージョンになります
※日本語インターフェイス化が可能かは現在不明
※ファイル名:kis12.0.0.234en.exe (バージョン2012.0.0.234ベータ)

90日(3ヶ月)無料「ウイルスバスター2011 クラウド」体験・評価版ダウンロードでウィルス対策

 

BCN AWARDにて2008~2010年の3年連続セキュリティソフト部門最優秀賞(集計対象期間 2008年1月~2010年12月:全国有力パソコン販売店=約2400店のPOS実売統計)を獲得しているトレンドマイクロ社の最新版セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2011 クラウド」の90日体験評価版(通常は30日版のみの試用提供)が、マイクロソフトとのプロモーションにより提供されています。
マイクロソフト社認定「Compatible with Windows 7」を取得していることからもわかるように、常に最新のPC環境をターゲットにしているのはさすがだといえます。

2011.3.16追加
ウィルスバスター2011クラウドの1年間体験版のダウンロードはこちら

非作業時のパソコンのメモリ(RAM)使用量を大幅に低減することに成功

クラウド技術を取り入れることで、以前のバージョンにくらべて、格段にパソコン使用中に体感する「重さ」の軽減に成功。
これにより、ウィルス対策ソフトの監視にともなう鈍重感の先入観を排除し、「軽快な操作性」を実現しています。

「ウイルスバスター2011 クラウド」の90日体験評価版のダウンロード・入手方法:その1

1.以下のサイトへアクセスします。

トレンドマイクロ オンラインショップ MSプロモ特設ページ

https://vbshop.trendmicro.co.jp/material/27190003/html/uptakestore/oem/index_MST_MSTmulti02.html

2.表示されたページ中央の以下のボタンでダウンロードが開始されるので、任意の場所に保存しインストールを進めて下さい。
ダウンロードされるファイル名は「Microsoft_Ti3_T_TMOS_SIA.exe」です。

「ウイルスバスター2011 クラウド」の90日体験評価版のダウンロード・入手方法:その2

こちらは、ネット証券大手の松井証券とのプロモーションによる特別90日版の無料評価体験用ウイルスバスター2011クラウド最新版です。

1.以下のサイトへアクセスします。

トレンドマイクロ オンラインショップ 松井証券プロモ特設ページ

https://vbshop.trendmicro.co.jp/material/27190003/html/uptakestore/oem/index_MST_MSTmulti02.html

2.表示されたページ中央のボタン(その1と同じボタン)でダウンロードが開始されるので、任意の場所に保存しインストールを進めて下さい。
ダウンロードされるファイル名は「Matsui_Ti3_T_TMOS_32bit.exe」です。
※ファイル名から、このサイトでの提供は32bit版限定の可能性があります。
(ウィルスバスター2011クラウドは、64bit、32bitそれぞれに対応)

無料で遠隔ウィルス監視!クラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」がついに日本語に対応

まだまだ一般的には浸透していないパソコン用語ですが、「クラウド型」というのは、簡単にいうと、”ソフトウェアの核となる本体部分を自分のパソコンにはインストールせず、ネットでつながった『クラウド』呼ばれる中央に置かれたサーバー的なコンピュータでメインの処理を行う”ようなイメージとなります。

そうした中、このところウィルス対策ソフトメーカーとして評価を上げている、「Panda Security」が、2010年6月3日、クラウド型無料ウイルス対策ソフト・サービス「Panda Cloud Antivirus 1.1」の日本語版の提供を開始しました。
Windowsの対応バージョンは、7/Vista/XPとなっています。

世界中のユーザーの各家庭のパソコン(これをローカルPCと呼びます)にインストールされたごくごく小さなウィルス検知・監視プログラム(ソフト)から、ネットワーク(インターネット)を介して集まった情報を元にスキャンや判定を行うことで、より早いウィルス検体の情報の収集・共有と対策を可能にしています。、

このため、ローカルPC側への負荷もとても低く、結果、PCのリソース使用量も少なくなることになり、さくさく軽快な利用を目指すモノです。
パソコンへの負荷をしめす常駐メモリー容量は、16MBに抑えられてとのこと。
一般的なウィルス対策ソフトが100~200MB要求することを考えれば、たしかに軽くなるといえます。

この「Panda Cloud Antivirus」、“クラウド型”でありながら通常の対策ソフト同様、ウイルス、スパイウェア・マルウェア、ルートキットなどの対策機能を備えていることに驚きを隠せません。

今回、日本語化となった経緯として、2009年11月にバージョン1.0の正式版が公開されたわけですが、残念ながら日本語には対応しておらず、クラウド型ということが結局注目を集めることになり、このたび日本語だけではなく世界20カ国語という広い範囲をカバーすることになりました。

また、世界的ネットワークで監視することにより、新種のマルウェアの発見も他社に先駆けることになります。
その他、標的型攻撃を防止する「振る舞いブロッキング」機能、外部ドライブ・ストレージ(CD・DVD・USBメモリなど)からの感染防止のための「PCワクチン」機能を新搭載しています。
上級ユーザー向けの、特定機能の除外設定も可能となっています。

インターネット接続環境が必要ですが、二台目で利用しているノートPCやネットブックなどの、なおさらさくさく感を要求されるPCにいかがでしょうか?

ダウンロード先:http://www.cloudantivirus.com/ja/

Panda Cloud Antivirus 1.1(日本語版)