当面無期限無料!?androidスマートフォン向け「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」日本語版で登場

以前に海外版を速報的にお伝えした「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」ですが、ついに日本語版の正式リリースが始まりました。

・以前のニュースソース
「6ヶ月(180日)無料!Androidスマートフォン用「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキーモバイルセキュリティ9」期間限定」
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/17/526/

今回カスペルスキーでは、同ソフトの日本語版のリリースにともない、当初は一ヶ月(=30日間)と設定している無料評価体験版としての期限を、当面は期限を求めず利用可能と発表しています。
特にこのアンドロイド市場での製品知名度の浸透を狙っているとのことですので、上記前述の海外版が6ヶ月無料であることを考えれば、おのずと最低半年は無償利用可能なことが期待・推測されます。

カスペルスキーは、PC上級ユーザーには馴染みのあるウィルス対策ベンダーですが、現在アンドロイド市場では、すでに同様以上に広く知名度をもったAVG社より永年完全無料のウィルス対策ソフトが先駆けてリリースされており、すでに利用数をかなり伸ばしています。
世界的な潮流として、基本的に「ウィルス対策は無料・無償のモノで」、それ以上のレベルの個別のセキュリティ対策が必要な場合のみ「セキュリティスイートなどの総合対策ソフトで」という流れができつつあります。

この「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」がシェアを拡げるためには、ウィルス対策は基本として、それ以外のセキュリティ総合対策ソフトとして持つ機能の優位性に、どれだけスマートフォンユーザーが関心を持つかにかかっているといえます。

参考:
「AVGがアンドロイドスマートフォン向け無料ウィルス対策ソフト「AVG Antivirus Free for Android」をリリース」
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/09/400/

なお、上の「AVGアンチウィルス無料版」と、以前お伝えしたandroid向けF-Secureの盗難防止対策ソフト「Free Anti-Theft for Mobile」を利用すれば、今回ご紹介しているカスペルスキーアプリとほぼ同様の機能が実現可能です。

参考:
F-Secureからアンドロイド等スマートフォン対応盗難紛失対策アプリ「Free Anti-Theft for Mobile」が無料リリース
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/06/360/

ちなみに、F-secure社はパソコンのウィルス対策ベンダーとしての2010年度の総合的なパフォーマンス評価が高く、早くからスマートフォンのセキュリティ分野にも進出しているため、こうした市場での競争とユーザーからのフィードバックは、ひいては利用者のメリットになるはず。
スマートフォンとパソコンの垣根がなくなりつつある今、こうしたセキュリティ対策にも、いかに知恵やノウハウを活かすことができるかに注目が集まりつつあるといえます。

有償ソフトとしての特徴的機能

日本語版メイン画面

「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」には、アンドロイド端末のリアルタイム保護、手動/自動でのスキャン(スキャニング)、 定義データベース(ワクチン・パターンファイル)の自動更新など、ユーザーがあらかじめ設定したセキュリティレベルにあわせて最適な保護を行なうウィルス・マルウェアプロテクション機能をベースに、以下のスマート・タブレット向けの特徴的な機能が搭載されています。
(上記の機能だけで構わなければ、AVGなど無料の対策ソフトのみ利用すること方法もあります)

マルウェア検知時のアラート
ウィルススキャン画面

その特徴的な機能の一つめが、「紛失盗難時の対策機能」です。
あり得なくはない話ですが、昔から外出先に携帯電話を置き忘れるなどの話題は尽きることがありません。
そうした万が一の紛失・盗難時に、別のスマートフォンやモバイル端末などからパスワード情報が入ったSMS(ショートメール)をアンドロイド端末に送信することで、リモート(遠隔操作)による端末をロックすることが可能です。
これにより端末は完全にロックされ、端末内への情報やコンテンツの閲覧・アクセスは完全に遮断され、プライバシーなど個人情報の漏洩を防ぐことができます。

また、スパイ映画に出てきそう機能ですが、リモートで端末内のデータを抹消・消去することも可能です。
そして、ロックした場合に画面に表示されるメッセージを事前に設定しておくこともでき、 操作不可能な状態であっても、取得した人に端末の持ち主の連絡先などの情報を伝えることができます。
これは、盗難以外の善意の他人に運良く拾われたケースでは、かなりの「助かった感」を得ることができるはず。

これ以外に、バッテリーさえ残量があれば、GPS追跡機能を使ってある程度の現在位置を割り出すこともできます。
「GPS探索ができるなら、この機能にはお金を払ってもいい」というひとは、筆者の周囲でも少なくはありません。

その他、悪意のある盗難などの最悪のケースとして、SIMカードが端末から抜き取られることがありますが、その場合の対策として、別のSIMカードへの差し替えを検知して”新しいSIMカードの電話番号情報を直ちにメールで送信”したり、ロックして端末の一切の操作を封じ込めるSIMカード監視機能も搭載されています。
盗難しておいてSIMカードを差し替えるような人物では、こうしたロックを受けると腹いせに破壊行為を行なうことも予想されますが、そこはプライバシーの流出と天秤にかけて、最後の自爆機能くらいの割り切りが必要でしょう。

万が一の暗証番号設定
リスト化による柔軟なスパム回避フィルリング

その他の特徴的機能として、ボタンひとつでコンタクト情報を保護し、連絡先、SMSおよび通話履歴などを秘匿し、端末を別の人が利用する際も安心な「プライベート保護機能」や、近年でも増加の一途を辿る迷惑メール(スパム)やワン切りなどの迷惑電話などの行為に対して、ホワイトリスト(指定したコンタクトのみ許可)とブラックリスト(指定したコンタクトを拒否)を利用した着信やSMS受信の柔軟な許可・拒否機能となる「フィルタリング機能」を搭載しています。

Androidに今後求められるセキュリティ意識とコスト

2011年になり、日本国内でのスマートフォンブームもますます過熱化し、それにともないAndroid(アンドロイド)OSを搭載したスマートフォン・モバイル端末をターゲットにしたウィルスやマルウェア(潜在的脅威を持つプログラム)も蔓延しつつあります。

iPhoneなどにくらべ、アプリのインストールなどその自由度の高さが売りのandroidですが、その反面、自己責任の名のもと、個人情報漏洩などの外部漏洩には高いセキュリティ意識が求められます。

「おれは(わたしは)大丈夫」が通じない世の中になりつつあります。
スマートフォンの通信料などの基本料金以外にも、こうしたセキュリティ対策アプリの月額費用がのっかってくるのを、情報化時代の恩恵を受けるための必要コストと割り切ることができるか、それともPCのように、情報を駆使してあくまでも無料・無償とテクニックで乗り切るか、今後どちらに偏ってくるかに注視する必要があるでしょう。

「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」のダウンロード

現在、公式サイトとして以下より入手が可能です。

http://www.androidsecurity.jp/

参考:Androidマーケット
https://market.android.com/details?id=com.kms

 

 

6ヶ月(180日)無料!Androidスマートフォン用「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキーモバイルセキュリティ9」期間限定

Android(アンドロイド)やWindowsモバイルなどのスマートフォン向けの総合セキュリティ対策ソフトとして、パソコンのウィルス対策でおなじみのあのカスペルスキーから「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキー モバイルセキュリティ9)」が登場しました。
とはいっても、日本ではまだ発売予定の段階だったりします。
今回ご紹介するのは、ドイツのCHIP.deオンラインのプロモーションによる、なんと180日=6ヶ月無料で利用可能なライセンスと英語版の同ソフトになります。

対応スマートフォンは以下の通り。

Symbian3 Windows Mobile 5.0, 6.0, 6.1, 6.5
Symbian 9.1, 9.2, 9.3, 9.4 Series 60 (Nokia only)
Android 1.5, 1.6, 2.0, 2.1, 2.2~
BlackBerry

「Kaspersky Mobile Security 9」の特徴・機能

この「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキー モバイルセキュリティ9)」、モバイル向けとはいえ、ウィルス・マルウェア対策だけではなく、スマートフォンを利用する上で必須ともいうべき様々なセキュリティ対策と機能を搭載しており、かなり侮れないものとなっています。

プライバシープロテクション

迷惑電話やスパムSMSのブロックや、盗難・紛失時にGPSを利用した位置探索を行いGoogleマップ上の位置データをメール・SMSによる通知、また、スマートフォン内の個人情報や動画、画像等の個人特定につながるようなデータ・ファイルをリモート操作での抹消、そして、アドレス帳や通話の履歴などを他人に閲覧されないようにする、プライバシープロテクション機能が備わっており、万が一の場合のスマートフォンオーナーの安心感にかなり貢献するはず。 また、これらに関連して、紛失や盗難時の第三者によるSIMカード入替え時に緊急でスマートフォンをロックするセフトガード機能も搭載。 そして、日本でも近年高額請求で話題になっているペアレンタルコントロール機能も搭載されており、今後児童や未成年の間で増えていくであろうスマートフォンのシェアを考えると、不適切なサービスの利用や操作、アプリの導入を防ぐにはこれも必須の機能と思われます。

アンチセフト機能

「Kaspersky Mobile Security 9」6ヶ月無料版のダウンロード入手方法

アンドロイドスマートフォンのかたは、まず次のサイトにアクセスして、先にプログラム本体をダウンロードしておきます。

カスペルスキー モバイルセキュリティ9 アンドロイド版ダウンロードページ(※英文)

現在の最新バージョンは、フランス語版ドイツ語版が9.4.56、英語版ロシア語版が9.4.55

アンドロイド以外のスマートフォンOSのかたは、以下のサイトからダウンロードしてください。

カスペルスキー モバイルセキュリティ9総合ダウンロード案内ページ(※英文)

そしてこの記事の一番最後のアドレスへアクセスし、6ヶ月無料のライセンスキーを入手してください。

入力内容は下の画像の通り、上から「有効なメールアドレス」、「D4N7D-PD625」←プロモーションコード(必須)、CAPTCHAの認証です。
最後に一番下の送信ボタンを押すと画面遷移し、先ほど入力したメールアドレス宛に6ヶ月のライセンスキーが送信されてきます。
メール本文はドイツ語ですが、ライセンスキーは20文字の英数字で読み取れるので問題はありません。

6ヶ月ライセンスキー発行プロモ画面

 

プロモーションサイトは、こちら

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー)」90日無料体験評価版ダウンロード(≠2011)

高い検出精度とスキャン性能など、バランスのとれたウィルス・セキュリティ対策ソフトとして日本では比較的パソコン上級者(ハイエンドユーザー)に好まれる傾向にあるカスペルスキー2011ですが、β(ベータ)リリースとして現在2012年の最新リリース予定版となる「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」が90日間無料評価体験版としてリリースされています。
”インターネットセキュリティ”とあるとおり、カスペルスキー製品群でも総合セキュリティ対策バージョンとなりますので、無料のウィルス対策限定ソフトであるavast!やMSE、Avira、AVGの守備範囲を超えるセキュリティ性能を試してみたい方、現在利用している対策ソフトでは除去しきれないマルウェアやスパイウェアなどの脅威がPC潜んでいる疑いのある方など、比較・評価も含めてトライされてみてはいかがでしょうか?

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」で強化された機能

現行バージョンと比較し、以下の性能が強化されているようです。

  • タッチスクリーンサポートが追加された完全に新しいインターフェイスを採用
  • ウィルス・マルウェア・スパイウェア・ボットなどの脅威に迅速に対応するべくさらなる改良を施したカスペルスキーセキュリティネットワークによる”クラウド”型対策テクノロジー
  • 不審なファイルを実行せずともカスペルスキーのセキュリティネットワークを介してチェック・評価する機能の追加
  • 全体的なパフォーマンスと効率の大幅な改善によるシステム負荷削減の達成
  • 潜在的な脅威となるプログラムの活動を解析能力の強化
  • 更新プログラムのダウンロード・アップグレード中のコンピュータリソースへの影響を最小限に留めるよう最適化
  • 不審なソフトウェアによって引き起こされる行動のパターン情報を、分析・評価のためにKSNデータベースへ収集
  • ブートシーケンスを常に監視・調査・分析傍受し、ルートキット検出技術を改善

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」のダウンロード

以下に、直接リンクを張っています。
※英語バージョンになります
※日本語インターフェイス化が可能かは現在不明
※ファイル名:kis12.0.0.234en.exe (バージョン2012.0.0.234ベータ)

2010年6月のウイルス対策ソフト検知性能ランキング、Pandaがトップ!、無料のMicrosoft Security Essentialsも高位置キープ、Aviraも評価上昇

2010年6月8日、オーストリアのウィルス対策ソフト研究の非営利団体AV-Comparatives により、世界中でリリースされているウィルス及びセキュリティ(マルウェア対策・ネットワーク・ファイアーウォール含む)対策ソフトの性能比較によるランキングが発表されました。
このデータは、2010年2月期までの実ウィルス・抗体プログラム・ワクチンファイルによるもので、もちろん現時点でも有効ですが、普段目にしないソフトなどが、ある特定の種類のウィルスに強いなど時期的な理由で上位に上がってくることもあります。
そのため、今回1位のソフトを選ぶよりも、年間を通して上位をキープする選択がベターかと思います。

それでは、当サイトの経験上の独断と毒舌を踏まえた解説付き順位は以下の通りです。

1位 Panda:パンダ セキュリティ(PS Japan 株式会社) 63%
海外では多少有名
クラウド版の無料対策ソフトも提供中
http://www.cloudantivirus.com/ja/

2位 G DATA(ジーデータ) 61%
安定的上位をキープ
一般的なユーザー層への浸透が広まりつつあり
株式会社ジャングルが提供

3位(同率) Kaspersky(カスペルスキー) 59%
インターネットに強い系のユーザーに好まれる傾向
若干、効き目の強さによるパソコン動作への不可が強いか?
日本では、一太郎やATOKのジャストシステムが販売・サポート

3位(同率) Microsoft Security Essentials 59%
Windowsを作った会社が、やっぱりマイクロソフトだったことを確認させられる高順位
無料版しか存在しないので、つながらない電話をあてにしないひとにはもちろん好評
アングラサイトを覗かず、IE以外のブラウザーでネット閲覧し、Webメーラーでメール受信するひとにはほぼ鉄壁
パソコンの動作感に与える影響は、AvastやAVGと同等程度で、変な負荷が少ない

4位 Avira(アヴィラ) AntiVir 53%
無料版を用意している会社としては老舗
赤い傘のマークで、ネット上級者にはおなじみ
効き目・検知率は無料版でもピカイチ
ただし、有料版への誘導ウィンドウが数時間に一度現れることと、パソコンへの負荷が他の無料版に比べてやや強し
メモリーを潤沢に積んだPCなら(とくに64bit OS)

5位(同率) ESET NOD32(イーセット・エヌオーディー32) 52%
パソコンに与える負荷が低いわりに、効き目が強い、という評価多し
ただし、前回結果から順位を落としたことが意味するように、ウィルスに対して得手不得手があり
そのため、ネット上級者によって賛否が分かれる一品
アンドロイドのCGでおなじみ
日本では、キャノンITソリューションズが販売

5位(同率) F-Secure(エフ・セキュア) 52%
安定的順位
検知能力については、不満のない水準
ただし、パソコンへの負荷がやや強い印象

6位(同率) BitDefender(ビットディフェンダー) 50%
ファイアーウォールでおなじみ
B-HAVEと呼ばれる”ふるまい検知機能”を使った未知のマルウェアへの高い検出率とPCに優しい設計が特徴
もう少し有名になってもいいかも
今後に期待
日本ではサンブリッジソリューションズが販売

6位(同率) K7 Computing(ウィルスセキュリティZEROなど) 50%
この順位は意外と驚き
返金騒ぎがあったことで有名
日本では、ソースネクストが低価格で販売し数年前に一気にシェアを伸ばした
もとはインドの開発企業
世界の脳みそであるインド系PC関連企業の成熟とともに今後期待が高まるか?

6位(同率) eScan 50%

7位 Symantec Norton(シマンテック ノートン) 43%
インターネット創生期からの老舗・・・とはいえ、これまでのそのソフトの振る舞いから悪評は高し
自社サイトにも多数の情報が出ているが、パソコンをクラッシュさせる要因になったこともあり
日本では、古くから、新品で購入した各社のパソコンへのおまけ導入としてよくみかけられた
現時点で選択肢とはなりにくい

8位 McAfee(マカフィー) 38%
こちらも新規購入PCのバンドルとしては赤い「M」アイコンでおなじみ
近年、法人、それもとくに大きな規模の企業のサーバー系への導入が進む
Web対策にも強い
が、個人にはもうマカフィーはなじみが薄い

9位 AVG(エーヴイジー) 34%
世界的に、無料のアンチウィルスソフトといえば、というほど日本でも有名な時期が
だが、性能は他の無料ソフトに遅れをとる
軽さは、たしかに目を見張るモノがあり
MSEの出現により、導入価値は薄れる傾向

10位 Sophos(ソフォス) 32%

11位 Avast(アヴァスト) 29%
陥落・・・そういう印象がぬぐいきれないこの順位
無料で軽く効き目が常識的以上、という評価は今後どうなってしまうのか
Aviraよりは軽し

12位 Norman 27%

13位 Trend Micro (トレンドマイクロ ウィルスバスター) 26%
日本の法人では圧倒的なシェアをもつ(と考えられる)
管理機能があるためか、大手企業のPCでは、ビジネス版をよく見かける
歴史の長さが特徴
海外ではPCシリン
ただし、性能・検知能力とも常に低順位
ネット上級者にも当然受けが悪く、TVCMの影響と量販店での販売戦略でシェアを伸ばす
各社の月額ウィルス対策ソフトもこれだったり(名前を変えて売ってる場合も)
2010年7月には、インターネット閲覧ソフトで最高シェアともいえるファイアーフォックス(FireFox)へのウィルスバスターツールバーによるクラッシュ問題発生
企業などで、どうしても有償のソフトじゃないと対外的にまずい(取引先への信用などで)などの理由での導入はしょうがないが、一般個人には無料ソフトで十分以上

14位 PC Tools 17%

15位 Kingsoft(キングソフト) 11%
中国勢が、今後どれだけこのコストをキープしたまま性能を上げてくるかは見もの
それ以上の興味は・・・

 

 

一般個人なら、マイクロソフトのMicrosoft Security Essentials、これ一択できまり!

法人やショップなど、無料ソフトの使用許諾が与えられないパソコンには、5位以上のソフトを・・・。
ただし、無料版をもつ企業のソフトの有料版”以外”は、パソコンへの動作負荷が高いので、それなりにメモリーを増設するなどの対処をぜひ。

※その根拠として、パソコンの快適な動作感は、業務に与える影響、つまりストレスとともに、ファイルを開くなどの一般的操作にも時間がかかる場合があります
それらわずかなことも、積み重ねると大きな損失になることは容易に想像がつくはずです
ものによっては、人間の体と同様、ワクチン自体が悪い方へ活性化し、最悪パソコンにクラッシュをもたらす可能性もあります
本来ならば、ウィルス対策ソフトはパソコン自身にとっては不要なモノ
その発想で、外部からのファイルの移動(インターネットや外部メディア=光学ディスクやUSBメモリなどから)を最低限に抑えるなど、物理的なルールづくりこそが安定したパソコン環境の基礎となります
健全な使い手にあらずんば、効率的なPCライフは得られず、ということですね

カスペルスキー月額定額利用サービスを開始、二台で使用可能といえど年額5000円を超えるのには疑問が

2010年2月23日、ワープロソフト「一太郎」や日本語変換入力ソフト「ATOK」でおなじみの老舗「ジャストシステム」が、同社が提携販売しているウィルス対策ソフト(総合セキュリティソフト)「である「カスペルスキー」の月額420円の定額課金制利用サービスを開始しました。
その名も、「Kaspersky定額制サービス for Windows」、すでに同社サイト上で受付を行っています。

このサービスを利用するには、まず「Kaspersky Internet Security」の無料試用版を指定ページからダウンロードしてインストールを行い、30日ある試用期間の終了二週間前から表示される定額制サービス購入申し込みから支払い情報などを入力する必要があります。

なお、解約する場合、解約日当月分までの料金を支払えばよく、ユーザーは必要な期間だけ利用できるようになる。

また、いわゆる年更新のプログラムやウィルスパターン・エンジン更新などの費用はかからず、常に最新版を利用できるのも特長となる。

そして、目玉となっているのが通常版が一台しか利用できないのに対し、この月額版は2台まで利用できることです。

すでにカスペルスキーを愛用しているユーザーで、2台以上のパソコンに同ソフトを導入している場合は値打ち感がありますが、大抵の場合そんなことは稀であり、また月額420円といえど、年額にすると5000円を超えてくるので、事業所や法人など以外ではややインパクトに乏しいサービスといえます。

OCNやNIFTYなどの各インターネットプロバイダーも、月額使用料と同時に集金する同様の月額サービスをおこなっていますが、ほとんどの場合、おすすめできません。

 

ジャストシステム ニュースリリース
http://www.justsystems.com/jp/news/2010f/news/j02233.html