感染防御にメール受信ソフトを捨てるという選択肢 Webメールの活用でセキュリティ強化

ランサムウェアの蔓延からしばらくが経過しやや沈着した様子です。「身代金要求ウィルスプログラム」としてTVニュースなどでも一時期頻繁に取り上げられましたが、こうしたコンピュータにかかわるトラブルはなにしろ実際に被害にあうまでピンとこない類のものであります。一部専門サイトやコミュニティで話題になるくらいで、具体的な対策について言及されることもあまりなかったように感じています。もともとこうしたプログラムにウィルスという表現は似つかわしくありません。ユーザーの所有するPC・デバイスの穴を狙って送り込まれ、さらにユーザー自身の操作で悪意のあるプログラムの実行を許すタイプが少なくないからです。「自己責任」の要素が大きく、日本ではこの点でこうしたセキュリティ情報をわかりやすく広めていくことの大きな壁として立ちふさがっています。

当研究所が考える感染防御策

感染ルートはおのずと限定されてきています。

それは、インターネット経由です。

最低限ですが、能動的に不特定多数からデータを受け取るルートに対策を施すだけでリスクを軽減することができます。

では、個人・個のコンピュータ・デバイスが、もっとも不特定多数からランダムなデータを受け取るルートとは?

電子メールの受信です。

ここを何らかの対策が施された機能に委ねることはできないものでしょうか。

電子メールといえば、プロバイダから与えられたもの、無料で取得したもの、学校や職場から貸与されたものなどがあります。

どれも一般的に、電子メールそのものは、いったん外部のメールサーバに届くのが当然です。

添付ファイルもそこにいっしょに格納されています。

そのメールサーバで、悪意のあるプログラムを識別・フィルタリング・除去するプロセスが実行されていれば、まず第一段階は安全です。

しかし、すべてのメールサービスでそうした機能が用意されているわけではありません。

ご自身の利用するサービス・プロバイダに確認は必要となります。

その上で、メールの受信そのもの、つまり、メールチェックそのものをインターネット上で完結することを考えます。

すると、どうすればよいのか。

それが、Webメールの活用です。

ローカル受信を止めることで、セキュリティを無料サービスにぶん投げてしまうわけです。

 

ランサムウェア(身代金要求プログラム)の感染対策

日本ではあまり報告されなかった、といわれています。

それは、各家庭・企業のインターネット契約と利用の様態が、ルータありきだったためです。

一本のインターネット回線を複数台のPC・デバイスに振り分ける”ルーティング”機能ばかりが目立ちますが、ルータそのものが悪意のある通信を防御・フィルタリングする機能をもっています。

FTTH(光)全盛期にあって、プロバイダから標準・無償で貸与されたり、それ以外にも家電量販店で数千円で手に入るなど、20年前には想像もつかなった低コスト高セキュリティ社会が実現されています。

2014ベストウィルス対策ソフト受賞の総合セキュリティスイート「Bitdefender Internet Security」180日版が無料!2014/6/10まで

3年連続高評価の最新セキュリティ対策総合ソフト「Bitdefender Internet Security 2015」がフル機能で6ヶ月(180日)無料

2014年12月に、最新版Bitdifender2015フルセキュリティ対応の180日(6ヶ月)無償版のダウンロード方法について記事を掲載しました。

先日のエントリー「無料PC向けウィルス対策ソフト「BitDefender AntiVirus Free 2014」64bit 32bit – Avira、Avast!、MSE、AVG比較」にてお伝えした無料のアンチウイルスソフトのBitdefenderですが、公式サイトにおいて、その上位バージョンである有料のセキュリティスイート版の180日間(6ヶ月)有効なライセンスキーが無料で配布開始されました。
激化するセキュリティ製品業界でのシェア獲得を狙うもののようですが、今回のキャンペーンの詳細は、stacksocial.comの企画と、AV-TEST.ORGでの2014年ベストアワード受賞を契機にしたもののようです。
2014年6月10日までの期間限定のようなので、ファイアーウォール迄含めたセキュリティ対策に興味のある方、無償版で性能を試してみたい方、MSEなどの無料製品以上の性能を試してみたい方、ウィルス対策ソフトの有効期限が切れた(切れそうな)方、いかがでしょうか?

Bitdefender Internet Security 無料180日版ライセンスキーの入手方法

まず、以下のサイトへアクセスします。

http://www.bitdefender.com/media/html/stacksocial/

画面の右のライセンスキー申請用の入力を行います。

 

 

 必要事項入力の上、赤い GET FREE LICENSE のボタンを押下すると、メールアドレス宛にソフトのダウンロードリンクとライセンスキー、及び、インストール方法やMyBitDefenderの説明が英文で届きます。

Hello!

We are very excited that you have selected Bitdefender to keep your PC, files, and identity safe from e-threats!

You have claimed your promotional key and can now install 6 FREE MONTHS of The Best Antivirus of 2014!
Please keep in mind that you have 30 days to activate your product.
(注意!30日以内にかならずアクティベーション(認証)を完了させてください)

Your complimentary license key is:

XXXXXXX ← ライセンスキー

Bitdefender Internet Security

1 How do I install?(インストールの仕方)

First, please download and save the product from the link below:
(まずはじめに、以下のURLから製品をダウンロードしてください)

※注. 以下のリンクはセットアップファイルのダウンロードマネージャになりますので、32bit、64bitそれぞれのソフトウェアのみを入手したい場合は、このページの一番下部の項目まで進んでください。

http://download.bitdefender.com/windows/installer/en/bitdefender_isecurity.exe

Now simply run the installation file. (さっそくですが、ダウンロードしたファイルを実行してください)
This usually takes only a few minutes.(数分かかります)

Note! Bitdefender will detect traces of other antivirus software and ask your permission to remove them.
After removal, please restart your PC, then restart the installation.
(BitDefenderは、まず、競合防止の為、お使いのPCにすでにウィルス対策ソフトが導入されていないかをチェックし、必要であれば、アンインストールと再起動を促します)

2 How do I activate?(180日版製品の認証有効化:アクティベートの方法)

During installation, you will be asked for your license key.
(インストール中に、上記のライセンスキー入力が求められます)
Simply insert the 7-character code provided earlier in this email.
(メール上述に記載の7桁のかんたんなコードを入力してください)
To finalize the activation, log in to your free MyBitdefender account, during the Getting Started stage.
(認証を完了することで、MyBitDefenderアカウントの登録とスタートアップが開始されます)

3 What is MyBitdefender?(マイ・ビットディフェンダーとは?)

Meet your new security dashboard (my.bitdefender.com), an essential part of your online security, accessible anytime, anywhere, from any internet-connected device. We strongly encourage you to use it to:
(インターネット接続環境があれば、PCやスマホなどどんなデバイスからも一元的に特質なセキュリティ管理がオンライン上で一目瞭然に行えます)
(可能な限り利用をおすすめします:※登録なしでもおそらく利用は可能です)

・Protect yourself on Facebook with Bitdefender Safego™
(ビットディフェンダー セーフゴーによるfacebookアカウントのプロテクト)

・Remotely manage the security of your devices
(リモートによる機器上のセキュリティチェック)

・Watch over your kids in the online world with Parental Control
(子供たちを守るための、ペアレンタルコントロールを目的とした監視)

 

 総合セキュリティスイート:Bitdefender Internet Security 2014の性能比較

 画像のグラフで見たほうがわかりやすのですが、AV-TEST.ORGのそれぞれ、カスペルスキー、シマンテック、マカフィー、AVG、マイクロソフト(MSE)との性能比較結果が公表されています。
2013年1月~12月、つまり、2013年の通年でのトップの成績ということですが、これが2014年度ベストアワードの根拠ということでしょう。

感染防御能力の比較結果2013.01-12
PCに与える負荷の低さの比較結果2013.01-12

 ちなみに、セキュリティ製品の第三者性能評価機関としてのAV-TEST.ORGですが、レポートはまめで網羅している製品数も多く、個人的には参考情報としての尺度は高めです。

 

 32bit版、 64bit版 それぞれのダイレクトダウンロードリンク

32bit版

http://download.bitdefender.com/windows/desktop/i_security/2014/en-us/bitdefender_is_17_32b.exe

64bit版

http://download.bitdefender.com/windows/desktop/i_security/2014/en-us/bitdefender_is_17_64b.exe

1年間無料プロモ!「Comodo Internet Security Pro 2011(コモド)」総合ウィルス・セキュリティ対策ソフト

2011年5月4日、PC向けのパーソナル・ファイアーウォール・ソフトウェアでは知名度の高いComodo社が、プロモーションの一環で、通常は30日の評価体験版しか用意されていない最新版の総合セキュリティスイートとなる「Comodo Internet Security Pro 2011(コモド インターネットセキュリティ  プロ 2011)」の1年間ライセンスの無料ダウンロード・リリースを開始しました。
普段の1年間ライセンスの価格・料金が$49.99(=日本円にして約4,000円:2011.5現在)です。

”ウィルス・セキュリティ対策ソフトの有効利用期限が切れてしまった”かた、”無料のウィルス対策ソフトではいまひとつ機能がもの足りない”かた、その他、予備用やご家族のパソコン用など、このチャンスに利用されてみてはいかがでしょうか?

「Comodo Internet Security Pro 2011」の主要機能と特徴

こちらのコモドのセキュリティ プロ 2011ですが、さすが総合スイートだけあり、基本となるウィルス・マルウェア対策機能はもちろん、十八番であるファイアーウォールを筆頭に、現在世界的に主流になりつつある「クラウド・テクノロジー」「サンドボックス」「ゲームモード」など、比較的新しめの技術まで含めて搭載されています。

1.ファイアーウォール機能

セキュリティ業界の性能テストで一貫して高い評価を受けているのがComodo Firewallで、もちろんこのセキュリティスイートにもそのテクノロジーが継承されています。

2.ディフェンス+ テクノロジー(Defense+ Technology )

プロアクティブ プロテクションにより、疑わしいファイル・プログラムの挙動・振る舞いを感知し特定し、その脅威による感染被害を未然に防ぐようパソコンを保護します。
クラウドベースのホワイトリストを利用して、簡単安全に、ファイル・プログラムが信頼された発行元・ベンダーのものであるかを識別します。

3.自動サンドボックス技術

見知らぬファイル・プログラム・データは、安全に隔離された仮想環境(サンドボックス・ソフトウェア)内で実行し、ユーザーの手間いらずで、Windowsの生命線となる「レジストリ」や、もしくは、大切なデータ・ファイルに損傷を与えることを未然に阻止します。

4.パソコンのセキュリティ操作の負担軽減や、最小限の負荷

信頼されていないファイルのブロック・許可を自動的に判断し、ユーザーの手を煩わせることがありません。

5.ゲームモード搭載

ゲームモードを搭載し、パソコンにパワーを必要とするゲーム時には、ウィルス・マルウェア発見・検出警告(アラート)などやウイルスデータベースアップデート、スケジュールスキャンなど、そのパフォーマンスを妨げる可能性がある操作の実行を抑制します。

6.スパイウェアのスキャン

スパイウェアをスキャンすることで、PCのレジストリやディスク内に潜むマルウェアを除去し、クリーンな環境をキープします。

7.クラウドベースのアンチウイルス

クラウドベースのアンチウイルス(ウィルス検出)により、たとえユーザー環境がが最新のウイルス定義・パターンでなくても、マルウェア(悪意のあるファイル・プログラム)をスキャ・検出することが可能です。

8.その他

問題解決までとことんつきあってくれる専門サポート「GeekBuddyサポート」、万が一の場合の「500ドル ウイルスフリー保証」などが用意されていますが、今回のプロモ版では、おそらく適用除外かと思われます。

また、アンチウィルス機能とファイアーウォール機能のインストールを選択可能。
アンチウィルスソフトとしてのみ使いたい、ファイアーウォール機能だけ試してみたい、などの使い分けも可能です。

9.インストール可能なシステム要件

Windows専用のセキュリティ・スイートとなります。

対応するバージョンは、Windows 7、Windows Vista、および、Windows XP SP2以降(それぞれ32ビットおよび64ビット版)です。

そのた、350MB以上のHDDの空き領域、128MB以上のメモリを搭載しているWindows PCを要件としています。

◆製品紹介サイト(英文)

http://www.comodo.com/home/internet-security/internet-security-pro.php

2011年4月現在の「Comodo Internet Security Pro 2011」の性能評価

実際に気になるのは、この「Comodo Internet Security Pro 2011」のアンチウィルス・マルウェアの検知率・検出性能ですが、現在わかっているデータを総合していえば、MSEやavast、Avira、AVGなどの4大無料ウィルス対策ソフトよりも”10~20%”ほど低い評価・結果となっています。

「Comodo Internet Security Pro 2011」の1年間無料ライセンス版ダウンロード

以下のCOMODO社の1年間無料ライセンスのプロモーションサイトへアクセスしてください。

http://www.comodo.com/home/download/download.php?prod=cis-pro

①Windowsバージョンを選択し、②ダウンロード開始

上の図のとおり、インストールするPC環境にあったWindowsのバージョンを選択して、右の赤いダウンロードボタンをクリックすることで、自動的にプログラムの本体のダウンロードが開始されます。

ダウンロード後、セットアッププログラムを起動し、インストールをすすめてください。

※インストールの途中で、ライセンス登録を行うため、インターネット接続環境が必要です。
※別途、ラインセンスコードの発行などはありません。


念のため、以下にそれぞれのセットアッププログラムのダイレクトダウンロードリンクを掲載しておきます。

※クリックでダウンロード開始します。

・Windows7、Vista、XP SP2の32ビット、64ビット版用
(※ほぼ全員、通常はこちら)

ファイル名:cispro_1year_installer.exe

http://download.comodo.com/cis/download/installs/1000/standalone/cispro_1year_installer.exe

・Windows7、Vista、XP SP2の32ビット版専用

ファイル名:cispro_1year_installer_x86.exe

http://download.comodo.com/cis/download/installs/1000/standalone/cispro_1year_installer_x86.exe

・Windows7、Vista、XP SP2の64ビット版専用

ファイル名:cispro_1year_installer_x64.exe

http://download.comodo.com/cis/download/installs/1000/standalone/cispro_1year_installer_x64.exe

最新版のF-Secure Internet Securityが2011/10/31まで誰でも全員無料2010年受賞記念プロモ開始!

F-Secureが、2010年度のウィルス対策ソフト評価機関「AV-Comparatives」での評価・比較テストでの数々のトップ成績の獲得を記念して、パーソナルユースにかぎり2011年の10月末日まで誰でも無料で利用できるライセンスの配布を開始しました。

もともとドイツのキャンペーンですが、すべて日本語版で利用可能です。

 

有効期限は、なぜか2011/11/13・・・

★注意点

2011.5.1に、インストールから、すべて機能・動作・パターン更新、正規ライセンス版、そして日本語バージョンであることを確認しました。

が、インストール時に入力する、プロモページで表示されるライセンスキー(コード)のうち(たぶん二種類)利用できないものもあります。

「GQ6D-V7GL-TER4-0EDV-0R1C」 は、OKでした。

ソフトウェアは、インストールの段階から自動的に日本語で案内されるので心配ありません。

おそらく、日本のサイトでダウンロードした30日体験版でも利用可能と思われます。

公式プロモーションとはいえ、フル機能のセキュリティスイートであるIS2011の正式ライセンスが11月半ばまで利用できるのは、太っ腹!

日本では、いまひとつシェアがのびないF-Secureですが、ペアレンタル・コントロールなどの便利機能は、お子さんをもつ家庭には最適。

ウィルス検知能力はかなりの好成績を叩き出しているF-Secureですが、少し旧型のPCやメモリ1GBくらいのXPパソコンでは、ウィルスデータベース・パターンの更新時などにやや重さを感じることがあります。

ただ、2011年に施された高度なチューニングにより、フル機能がアクティブな状態であってもパソコンへの負担は少なく、いわゆる操作のサクサク感・軽快感は守られています。

 

F-Secureが世界評価で総合1位!
2011年前期向、2010年総合評価・比較ランキングNo.1ウィルス対策ソフトが発表!
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/02/253/

 

F-Secureの当該プロモーションサイトページ(ドイツ)

http://newsletter.f-secure.com/public/read_message.jsp?&mid=300046018

プログラム本体のダウンロード(ダイレクトリンク)

http://newsletter.f-secure.com/re?l=4yn0zmII5

 

6ヶ月(180日)無料!Androidスマートフォン用「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキーモバイルセキュリティ9」期間限定

Android(アンドロイド)やWindowsモバイルなどのスマートフォン向けの総合セキュリティ対策ソフトとして、パソコンのウィルス対策でおなじみのあのカスペルスキーから「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキー モバイルセキュリティ9)」が登場しました。
とはいっても、日本ではまだ発売予定の段階だったりします。
今回ご紹介するのは、ドイツのCHIP.deオンラインのプロモーションによる、なんと180日=6ヶ月無料で利用可能なライセンスと英語版の同ソフトになります。

対応スマートフォンは以下の通り。

Symbian3 Windows Mobile 5.0, 6.0, 6.1, 6.5
Symbian 9.1, 9.2, 9.3, 9.4 Series 60 (Nokia only)
Android 1.5, 1.6, 2.0, 2.1, 2.2~
BlackBerry

「Kaspersky Mobile Security 9」の特徴・機能

この「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキー モバイルセキュリティ9)」、モバイル向けとはいえ、ウィルス・マルウェア対策だけではなく、スマートフォンを利用する上で必須ともいうべき様々なセキュリティ対策と機能を搭載しており、かなり侮れないものとなっています。

プライバシープロテクション

迷惑電話やスパムSMSのブロックや、盗難・紛失時にGPSを利用した位置探索を行いGoogleマップ上の位置データをメール・SMSによる通知、また、スマートフォン内の個人情報や動画、画像等の個人特定につながるようなデータ・ファイルをリモート操作での抹消、そして、アドレス帳や通話の履歴などを他人に閲覧されないようにする、プライバシープロテクション機能が備わっており、万が一の場合のスマートフォンオーナーの安心感にかなり貢献するはず。 また、これらに関連して、紛失や盗難時の第三者によるSIMカード入替え時に緊急でスマートフォンをロックするセフトガード機能も搭載。 そして、日本でも近年高額請求で話題になっているペアレンタルコントロール機能も搭載されており、今後児童や未成年の間で増えていくであろうスマートフォンのシェアを考えると、不適切なサービスの利用や操作、アプリの導入を防ぐにはこれも必須の機能と思われます。

アンチセフト機能

「Kaspersky Mobile Security 9」6ヶ月無料版のダウンロード入手方法

アンドロイドスマートフォンのかたは、まず次のサイトにアクセスして、先にプログラム本体をダウンロードしておきます。

カスペルスキー モバイルセキュリティ9 アンドロイド版ダウンロードページ(※英文)

現在の最新バージョンは、フランス語版ドイツ語版が9.4.56、英語版ロシア語版が9.4.55

アンドロイド以外のスマートフォンOSのかたは、以下のサイトからダウンロードしてください。

カスペルスキー モバイルセキュリティ9総合ダウンロード案内ページ(※英文)

そしてこの記事の一番最後のアドレスへアクセスし、6ヶ月無料のライセンスキーを入手してください。

入力内容は下の画像の通り、上から「有効なメールアドレス」、「D4N7D-PD625」←プロモーションコード(必須)、CAPTCHAの認証です。
最後に一番下の送信ボタンを押すと画面遷移し、先ほど入力したメールアドレス宛に6ヶ月のライセンスキーが送信されてきます。
メール本文はドイツ語ですが、ライセンスキーは20文字の英数字で読み取れるので問題はありません。

6ヶ月ライセンスキー発行プロモ画面

 

プロモーションサイトは、こちら