BitDefenderから、無料のUSBメモリオートラン(自動実行)感染ウィルス防止・免疫化ソフト「USB Immunizer」リリース!

近年、Trojan.AutorunInf、Conficker worm(Win32.Worm.Downadup)またはWorm.Autorun.VHDオートランなどの悪名高き(自動実行型)ベースのマルウェア(悪意あるプログラム)が世界中でその脅威をふるいだしています。

さて、この「オートラン」という機能、ほとんどのひとは知ってるはず。 CD-ROM、DVDのディスクなどをパソコンの光学ドライブから読み込ませた際に、自動的にインストールが始まる、例のアレです。

もともと、パソコンに不慣れなビギナーユーザーが、メディアからのソフトウェアのインストールなどを簡単にできるようにする目的で、Windows XPあたりから導入された仕組みでした。
しかし、その補助機能があだとなり、ユーザーの自動実行機能を逆手にとり、急速にサイバー犯罪者による感染ルートターゲットとなっています 。

今回、そうしたセキュリティトラブルに対応するべく、ビットディフェンダー社より無料でリリースされたのが「USB immunizer(イミュナイザー)」です。

操作は二通りと、いたってシンプル。

USBイミュナイザー起動画面と操作説明

ひとつは、ソフトを起動して、ドロップダウンリストから自分のパソコンに接続競れている対象となるUSBメモリやSDカードなどのリムーバブルメディアを選択し、「IMMUNIZE(免疫化)」ボタンをクリックすれば、オートランベース(自動実行型)のウィルス・マルウェアの感染に対する予防が可能になります。

これにより、万が一、USBメモリやストレージ・デバイスを感染したコンピュータにプラグイン(接続)したとしても、マルウェアのオートラン自体を防止し、また、autorun.inf(接続時のオートラン自動実行情報が書かれているファイル)の作成も撲滅します。

もうひとつの機能としては、「IMMUNIZE COMPUTER(コンピュータの免疫)」スライダスイッチを使用して、Windowsの持つオートラン(自動実行)機能を切り替えるというものです。
(※ただし、CD / DVD-ROMなどの光学デバイス・リムーバブルメディアは除外)
これは、最初の機能の逆の状況を想定したもので、万が一、感染したUSBドライブなどを自分のパソコンに接続した場合でも、USBストレージデバイス上にあるマルウェアがWindowsによって自動実行されるのを防止します。

BitDefender 「USB Immunizer」のダウンロード

以下の、BitDefender Labs.のサイトからダウンロードが可能です。
※英語サイト

http://labs.bitdefender.com/?page_id=108

画面右の「DOWNLOAD」ボタンでダウンロード開始。

ZIP圧縮された「BDUSBImmunizer1.zip(約1.2MB)」が入手できるので、解凍して出てくる「BDUSBImmunizer.exe」を任意の場所から実行してください。

マイクロソフトから、10日間使い捨てのウィルススキャンソフト「Microsoft Safety Scanner(MSS)」

マイクロソフトが現在提供しているセキュリティ対策ソフトウェアとしては、PC常駐型の「Microsoft Security Essentials(MSE)」がありますが、それとは別に、同ソフトのスキャニングエンジンを搭載した「Microsoft Safety Scanner(MSS)」も無償・無料で日本語版のダウンロード配信が開始されています。

コンピューターウィルスやマルウェア(悪意のある脅威的なソフトウェア・コード)のスキャニングと削除・除去のみに特化しており、特筆すべきは、ポータブル型のソフトとしてインストールを必要とせず利用可能なことで、いつでも任意のタイミングで実行することができ、すでに他のウィルス対策ソフトウェアソリューションをインストールしている場合でも独立して利用可能です(※)。
※ただし、既存のウィルス対策ソフトの監視などを一時停止することが望ましいと思われます。

たとえば、すでにウィルス対策ソフトを導入済みにもかかわらず何らかの動作・アクションをきっかけにパソコンの動作やパフォーマンスに異常を感じる場合や、クリーンな環境であってもデータの受け渡しなどでウィルススキャニングが必要な状況、またインターネット接続の環境がないため最新のワクチン・パターンでの検出ができない状況などでは、非常に重宝されるはずです。

もちろん、導入していたウィルス対策ソフトの有効期限が切れてしまったケースでも有効です。

また、プログラム本体をマイクロソフト自身が”Microsoft Support Emergency Response Tool”と呼称しているように、USBメモリ(ペンドライブ)やポータブルHDDからも実行することが可能です。

起動時の使用についての同意確認ウィンドウ
ソフトの機能説明

 

 

操作は非常にシンプルで、最初に、クイックスキャン、フルクイックスキャン、カスタマイズスキャンの三種類から選択するだけ。

もっとも高速なクイックスキャンを選択した場合でも、システムのほとんどのウイルス、スパイウェアおよびその他の潜在的な不要なソフトウェアを含んでいる可能性がある領域(システムフォルダ、プログラムフォルダ・ユーザーデータフォルダなど)をスキャンすることができ、除去・削除の期待値は「大」です。

なによりも、マイクロソフト自体がWindowsの開発元でもあるので、感染のルートとなりやすいウィークポイントやシステムエリアを熟知しており、スキャンアルゴリズムを含めメモリリークなどのイレギュラーも少なく、MSEと同様に安定したスキャニングが期待できます。

時間的な余裕がある場合のみパソコンのシステムを含めたすべてのデータ領域全体を対象としたフルスキャンオプションを、また、任意のフォルダやデータ、ストレージ(ドライブ・デバイス)を指定したい場合はカスタムスキャンを、と状況に応じて使い分けが可能。

 

実際のスキャン画面
スキャン完了画面

 

 

タイトルにあるとおり、このMSSはウィルス定義パターン・ワクチンの自動更新・アップデートをサポートしていないので、公式サイトからダウンロード後10日で期限切れになります。
そのため、期限を超えて再度MSS実行したい場合は、最新のマルウェア対策定義・パターンを得るために、再度プログラムをダウンロードする必要があります。

対応OSは、Windows 7、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows XPのそれぞれの32ビットおよび64ビット版で、システム要件は、CPUクロックスピードが500MHz以上、メモリが256MB以上、HDDの空き領域200MB以上、解像度が800×600以上のモニター環境となっているので、今となってはややパワー不足の感のある2002年頃のXP搭載パソコンでも実行が可能です。

ダウンロードは以下からどうぞ

Microsoft Safety Scanner “Get a free PC safety scan”
64bit版・32bit版 
ファイル名:msert.exe
ファイルサイズ:約70MB

http://www.microsoft.com/security/scanner/ja-jp/default.aspx