最新版のF-Secure Internet Securityが2011/10/31まで誰でも全員無料2010年受賞記念プロモ開始!

F-Secureが、2010年度のウィルス対策ソフト評価機関「AV-Comparatives」での評価・比較テストでの数々のトップ成績の獲得を記念して、パーソナルユースにかぎり2011年の10月末日まで誰でも無料で利用できるライセンスの配布を開始しました。

もともとドイツのキャンペーンですが、すべて日本語版で利用可能です。

 

有効期限は、なぜか2011/11/13・・・

★注意点

2011.5.1に、インストールから、すべて機能・動作・パターン更新、正規ライセンス版、そして日本語バージョンであることを確認しました。

が、インストール時に入力する、プロモページで表示されるライセンスキー(コード)のうち(たぶん二種類)利用できないものもあります。

「GQ6D-V7GL-TER4-0EDV-0R1C」 は、OKでした。

ソフトウェアは、インストールの段階から自動的に日本語で案内されるので心配ありません。

おそらく、日本のサイトでダウンロードした30日体験版でも利用可能と思われます。

公式プロモーションとはいえ、フル機能のセキュリティスイートであるIS2011の正式ライセンスが11月半ばまで利用できるのは、太っ腹!

日本では、いまひとつシェアがのびないF-Secureですが、ペアレンタル・コントロールなどの便利機能は、お子さんをもつ家庭には最適。

ウィルス検知能力はかなりの好成績を叩き出しているF-Secureですが、少し旧型のPCやメモリ1GBくらいのXPパソコンでは、ウィルスデータベース・パターンの更新時などにやや重さを感じることがあります。

ただ、2011年に施された高度なチューニングにより、フル機能がアクティブな状態であってもパソコンへの負担は少なく、いわゆる操作のサクサク感・軽快感は守られています。

 

F-Secureが世界評価で総合1位!
2011年前期向、2010年総合評価・比較ランキングNo.1ウィルス対策ソフトが発表!
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/02/253/

 

F-Secureの当該プロモーションサイトページ(ドイツ)

http://newsletter.f-secure.com/public/read_message.jsp?&mid=300046018

プログラム本体のダウンロード(ダイレクトリンク)

http://newsletter.f-secure.com/re?l=4yn0zmII5

 

期間限定無料!アンドロイド スマートフォン用ウィルス対策ソフト「Dr.Web for Android 日本語版(一年間有償版)」なんと2ユーザー分(2011.4.29~5/5)

スパイダーのロゴマークで海外では一定の評価を持つ、Dr.Web(ドクターウェッブ)社の日本法人より、【期間限定無料提供キャンペーン『Dr.Web Big Heart』~大切な人のスマートフォンを守ってあげてください~】と称して、androidスマートフォン向けウィルス対策ソフトの無償提供が始まっています。

以前も海外版をお伝えしていますが、2名分のライセンスが提供されることからもわかるように、これは製品の認知プロモーションをかねたバレンタイン企画的な内容で、今回日本語版で利用ができることは、アンドロイドユーザーにとっては願ってもないチャンスかも。

すでにこれまで2回のキャンペーンが終了し、残すは第三回のみとなりました。
androidスマートフォンを家族・恋人と利用している方、ぜひこのアプリを導入してみてはいかがでしょうか?

 

「Dr.Web for Android 日本語版」って?

Dr.Web for Androidは、海外では「Dr.Web Mobile Security Suite」の名称で100万ダウンロードを超える実績があるスマートフォン用アンチウイルスソフトです。
直感的でわかりやすい操作法・インターフェースと高度な防御機能により、個人・法人を問わず多くのユーザーが利用しています。

今回の日本語版をリリースに伴い、電話及びSMSに対する柔軟で幅広いフィルタリングオプションを搭載し、デスクトップウィジェットなど、更に使い易くなった模様。
しかも、アンドロイドユーザーの間で今話題になっているバッテリー消費も、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えることで効率的セーヴィングを果たしているようです。

主要機能としては、以下の通り。

  • ノンストップアンチウィルス保護
    SpIDer Guardファイルモニターにより、ノンストップ/リアルタイムにファイルシステムのスキャンを実現。
    メモリに保存する全てのファイルをリアルタイムにスキャンし、セキュリティの脅威からシステムを保護。
  • オンデマンドスキャン
    個々のファイルやフォルダをスキャンすることが可能。
  • 脅威の無効化
    フィルタリングモードの選択が可能
  • ブラックリストの編集
    特定の番号からの着信コールおよびメッセージのブロック — フィルタのカスタマイズが可能。
    グループや時間を指定して電話やSMSをブロック及び許可することが可能です。
  • ブロックされたコールおよびメッセージの表示

『Dr.Web for Android』の製品情報については、以下でも確認できます。

http://products.drweb.co.jp/mobile/

Dr.Web for Android 日本語版 一年間有償 2ユーザーライセンス取得方法

  1. キャンペーン設定日
    第3回 2011年4月29日(金)~5月5日(木)
  2. 申込み方法
    上記、キャンペーン設定日に下記のキャンペーンサイトから申込み
    https://www.drweb.co.jp/big_heart/
  3. キャンペーン対象者
    Android搭載のスマートフォンユーザーすべて(キャリア・個人・法人・デバイスは問いません。)

6ヶ月(180日)無料=4000円相当!Panda Internet Security 2011&Antivirus Pro 2011 – ISにはファイアウォール・ペアレンタルコントロール・サンドボックスなど上級機能目白押し!

世界的な評価として2010年には一線級のスコアを叩き出し、潜在的な脅威などの検知においては特に高い成績を残しているPandaセキュリティ対策製品群ですが、今回ご紹介するのはスペインの大手金融・保険企業のAllianz(アリアンツ)社のプロモによる6ヶ月(180日)無料のPanda Internet Security 2011とAntivirus Pro 2011のフル機能評価体験版です。 ともにスペインの企業となり、今回無償でダウンロード提供されるのは英語版・スペイン語版となりますが、このPanda製品はもちろん日本でも販売されていますので、機能などはまるっきり変わりません。

以下の日本語の公式サイトで確認可能です。

・Panda 2011 製品ラインナップ

http://www.ps-japan.co.jp/homeuser/content0020.html

なお、Panda社は永年無償・無料のウィルス対策ソフトとして最新のクラウドテクノロジーを利用した「Panda クラウドセキュリティ日本語版」も提供しています。

動作感の軽さなど、興味のあるかたは以前ご紹介した以下ページもご覧ください。

参考:
無料で遠隔ウィルス監視!クラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」がついに日本語に対応
http://antivirus.server-ing.com/2010/08/08/115/

現在考えられるすべてのセキュリティ対策機能を搭載したIS2011

2010年あたりからの傾向として、ファイアウォールなどの一部機能を削ってくるセキュリティスイートもありますが、Pandaは逆に新しく注目されているものを含め非常に多くの機能を詰め込んできています(IS2011)。

中でも、キーロガー(キーボード入力を読み取るプログラム)対策のバーチャルキーボード機能や、サンドボックス、ゲーミング機能、オンラインストレージへのデータバックアップなどが目新しさを感じさせます。

以下、特徴的な機能を箇条書きしています。
(詳細は、前述の日本サイトでご確認ください)

  • 全てのマルウェアに対するプロテクション、及び、Pandaのコミュニティから収集されたナレッジによる全ての種類の既知または未知のマルウェアに対するリアルタイムプロテクション
  • アンチウイルス、アンチマルウェアプロテクション
  • 振る舞い分析機能
  • Collective Intelligence:クラウドのパワーを活用
  • パーソナルファイアウォール:ワイヤレスネットワーク経由でも、侵入者やハッカーをブロック
  • Panda USB ワクチン:PCやUSBを感染から保護
  • バーチャルキーボード:キーボードなしでの安全なパスワードの作成及び使用
  • Bonus! Panda セーフブラウザ (Sandboxing):Webサイトへの安全なアクセス
  • マルチメディア/ゲームモード:中断されないフルスクリーンでのゲーム及び表示
  • ホームネットワークマネージャー:自宅のコンピュータのセキュリティステータスチェック
  • アンチスパムプロテクション:受信ボックスをスパム(迷惑)メールから解放
  • ペアレンタルコントロール:不適切なWebコンテンツから子供・児童・未成年を保護
  • 個人情報保護:個人情報や機密情報の保護
  • バックアップ & 復旧:最重要ファイルの保護やアクシデントによるデータロスの回避
  • オンラインバックアップ:どこからでも2GBのオンラインストレージへアクセス
  • リモートPCアクセス:どこからでも自宅や会社のコンピュータへの簡単アクセス
  • 最適化:PCパフォーマンスの改善、システムスピードの最適化
  • ファイルの暗号化:覗き見からあなたのファイルを保護
  • ファイルシュレッディング:永久かつ完全なファイル削除でデータへのアクセスを不能に
  • Technical Support Forum(英語):必要な回答を見つけるためにコミュニティのエキスパート達がヘルプ
  • Panda SafeCD:新しいPanda SafeCDは、もしWindowsを起動できなくなっても、コンピュータ上から全ての種類のマルウェアを削除可能。いつでも必要な時にインターネットに接続して最終更新版のアンチウイルステクノロジーを入手することが可能。 ※ERD起動に近いものです。

Pandaの実力はいかに?

以下、Panda社が公表した第三者機関による評価・成績です。

Panda Security Collective Intelligence(コレクティブインテリジェンス) 検出率他比較テスト結果

現在では二大評価機関ともいえるAV Comparative及びAV-Testのテストで2010年に実際に出したスコアで、信頼性の高さは相当なものです。

ただし、実際の使い勝手においては、セキュリティスイートであるIS2011では、高機能でありすぎる故にユーザーを選ぶこと、また、これはもちろん他のベンダーの総合セキュリティ対策製品でも同様なのですが。 、ウィルス対策機能単体のタイトルに比較すると若干インターネットブラウンジグを含めたPC全体のパフォーマンスに影響が出ることは否めなくありません。

ただし、IS2011に搭載されているさまざまな機能は、今後のPCのセキュリティ対策を検討する上で、ユーザーによっては大きな選択の手がかりとなるはずです。

Panda製品、6ヶ月(180日)無料版のダウンロード

以下のプロモ特設ダウンロードサイトからプログラム本体を入手してください。
※インストールプログラムは、英語もしくはスペイン語版です。
※各製品欄の「DESCARGAR GRATIS」のボタンをクリックしてください。
※インストール時にはライセンスキーなどの入力は不要(完了後、メールアドレスを入力してアクティベイトするのみ)

ファイル名:IS2011→IS11Allianz1.exe、アンチウィルス2011→AP11Allianz1.exe

PROMOCIÓN ESPECIAL PARA CLIENTES DE ALLIANZ

http://www.pandasecurity.com/spain/promotions/allianz/

当面無期限無料!?androidスマートフォン向け「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」日本語版で登場

以前に海外版を速報的にお伝えした「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」ですが、ついに日本語版の正式リリースが始まりました。

・以前のニュースソース
「6ヶ月(180日)無料!Androidスマートフォン用「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキーモバイルセキュリティ9」期間限定」
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/17/526/

今回カスペルスキーでは、同ソフトの日本語版のリリースにともない、当初は一ヶ月(=30日間)と設定している無料評価体験版としての期限を、当面は期限を求めず利用可能と発表しています。
特にこのアンドロイド市場での製品知名度の浸透を狙っているとのことですので、上記前述の海外版が6ヶ月無料であることを考えれば、おのずと最低半年は無償利用可能なことが期待・推測されます。

カスペルスキーは、PC上級ユーザーには馴染みのあるウィルス対策ベンダーですが、現在アンドロイド市場では、すでに同様以上に広く知名度をもったAVG社より永年完全無料のウィルス対策ソフトが先駆けてリリースされており、すでに利用数をかなり伸ばしています。
世界的な潮流として、基本的に「ウィルス対策は無料・無償のモノで」、それ以上のレベルの個別のセキュリティ対策が必要な場合のみ「セキュリティスイートなどの総合対策ソフトで」という流れができつつあります。

この「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」がシェアを拡げるためには、ウィルス対策は基本として、それ以外のセキュリティ総合対策ソフトとして持つ機能の優位性に、どれだけスマートフォンユーザーが関心を持つかにかかっているといえます。

参考:
「AVGがアンドロイドスマートフォン向け無料ウィルス対策ソフト「AVG Antivirus Free for Android」をリリース」
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/09/400/

なお、上の「AVGアンチウィルス無料版」と、以前お伝えしたandroid向けF-Secureの盗難防止対策ソフト「Free Anti-Theft for Mobile」を利用すれば、今回ご紹介しているカスペルスキーアプリとほぼ同様の機能が実現可能です。

参考:
F-Secureからアンドロイド等スマートフォン対応盗難紛失対策アプリ「Free Anti-Theft for Mobile」が無料リリース
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/06/360/

ちなみに、F-secure社はパソコンのウィルス対策ベンダーとしての2010年度の総合的なパフォーマンス評価が高く、早くからスマートフォンのセキュリティ分野にも進出しているため、こうした市場での競争とユーザーからのフィードバックは、ひいては利用者のメリットになるはず。
スマートフォンとパソコンの垣根がなくなりつつある今、こうしたセキュリティ対策にも、いかに知恵やノウハウを活かすことができるかに注目が集まりつつあるといえます。

有償ソフトとしての特徴的機能

日本語版メイン画面

「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」には、アンドロイド端末のリアルタイム保護、手動/自動でのスキャン(スキャニング)、 定義データベース(ワクチン・パターンファイル)の自動更新など、ユーザーがあらかじめ設定したセキュリティレベルにあわせて最適な保護を行なうウィルス・マルウェアプロテクション機能をベースに、以下のスマート・タブレット向けの特徴的な機能が搭載されています。
(上記の機能だけで構わなければ、AVGなど無料の対策ソフトのみ利用すること方法もあります)

マルウェア検知時のアラート
ウィルススキャン画面

その特徴的な機能の一つめが、「紛失盗難時の対策機能」です。
あり得なくはない話ですが、昔から外出先に携帯電話を置き忘れるなどの話題は尽きることがありません。
そうした万が一の紛失・盗難時に、別のスマートフォンやモバイル端末などからパスワード情報が入ったSMS(ショートメール)をアンドロイド端末に送信することで、リモート(遠隔操作)による端末をロックすることが可能です。
これにより端末は完全にロックされ、端末内への情報やコンテンツの閲覧・アクセスは完全に遮断され、プライバシーなど個人情報の漏洩を防ぐことができます。

また、スパイ映画に出てきそう機能ですが、リモートで端末内のデータを抹消・消去することも可能です。
そして、ロックした場合に画面に表示されるメッセージを事前に設定しておくこともでき、 操作不可能な状態であっても、取得した人に端末の持ち主の連絡先などの情報を伝えることができます。
これは、盗難以外の善意の他人に運良く拾われたケースでは、かなりの「助かった感」を得ることができるはず。

これ以外に、バッテリーさえ残量があれば、GPS追跡機能を使ってある程度の現在位置を割り出すこともできます。
「GPS探索ができるなら、この機能にはお金を払ってもいい」というひとは、筆者の周囲でも少なくはありません。

その他、悪意のある盗難などの最悪のケースとして、SIMカードが端末から抜き取られることがありますが、その場合の対策として、別のSIMカードへの差し替えを検知して”新しいSIMカードの電話番号情報を直ちにメールで送信”したり、ロックして端末の一切の操作を封じ込めるSIMカード監視機能も搭載されています。
盗難しておいてSIMカードを差し替えるような人物では、こうしたロックを受けると腹いせに破壊行為を行なうことも予想されますが、そこはプライバシーの流出と天秤にかけて、最後の自爆機能くらいの割り切りが必要でしょう。

万が一の暗証番号設定
リスト化による柔軟なスパム回避フィルリング

その他の特徴的機能として、ボタンひとつでコンタクト情報を保護し、連絡先、SMSおよび通話履歴などを秘匿し、端末を別の人が利用する際も安心な「プライベート保護機能」や、近年でも増加の一途を辿る迷惑メール(スパム)やワン切りなどの迷惑電話などの行為に対して、ホワイトリスト(指定したコンタクトのみ許可)とブラックリスト(指定したコンタクトを拒否)を利用した着信やSMS受信の柔軟な許可・拒否機能となる「フィルタリング機能」を搭載しています。

Androidに今後求められるセキュリティ意識とコスト

2011年になり、日本国内でのスマートフォンブームもますます過熱化し、それにともないAndroid(アンドロイド)OSを搭載したスマートフォン・モバイル端末をターゲットにしたウィルスやマルウェア(潜在的脅威を持つプログラム)も蔓延しつつあります。

iPhoneなどにくらべ、アプリのインストールなどその自由度の高さが売りのandroidですが、その反面、自己責任の名のもと、個人情報漏洩などの外部漏洩には高いセキュリティ意識が求められます。

「おれは(わたしは)大丈夫」が通じない世の中になりつつあります。
スマートフォンの通信料などの基本料金以外にも、こうしたセキュリティ対策アプリの月額費用がのっかってくるのを、情報化時代の恩恵を受けるための必要コストと割り切ることができるか、それともPCのように、情報を駆使してあくまでも無料・無償とテクニックで乗り切るか、今後どちらに偏ってくるかに注視する必要があるでしょう。

「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」のダウンロード

現在、公式サイトとして以下より入手が可能です。

http://www.androidsecurity.jp/

参考:Androidマーケット
https://market.android.com/details?id=com.kms

 

 

90日フル機能無料!総合セキュリティ対策ソフト「BitDefender Internet Security 2011」

日本でもじょじょに浸透しつつあるセキュリティ対策ベンダーのBitDefender社から、総合セキュリティが90日間利用可能な「BitDefender Internet Security 2011」が無料ダウンロード配布されています。
以前にも、ダウンロード先が別ですが、同ソフトの90日評価体験版をご紹介していますので、機能・詳細などはそちらでご確認ください。

こちら

ダウンロード先は以下の通りです。
※インストールプログラム本体の直接ダウンロードとなります。
※英語版となります。

ダイレクトダウンロードはこちら


6ヶ月(180日)無料!Androidスマートフォン用「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキーモバイルセキュリティ9」期間限定

Android(アンドロイド)やWindowsモバイルなどのスマートフォン向けの総合セキュリティ対策ソフトとして、パソコンのウィルス対策でおなじみのあのカスペルスキーから「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキー モバイルセキュリティ9)」が登場しました。
とはいっても、日本ではまだ発売予定の段階だったりします。
今回ご紹介するのは、ドイツのCHIP.deオンラインのプロモーションによる、なんと180日=6ヶ月無料で利用可能なライセンスと英語版の同ソフトになります。

対応スマートフォンは以下の通り。

Symbian3 Windows Mobile 5.0, 6.0, 6.1, 6.5
Symbian 9.1, 9.2, 9.3, 9.4 Series 60 (Nokia only)
Android 1.5, 1.6, 2.0, 2.1, 2.2~
BlackBerry

「Kaspersky Mobile Security 9」の特徴・機能

この「Kaspersky Mobile Security 9(カスペルスキー モバイルセキュリティ9)」、モバイル向けとはいえ、ウィルス・マルウェア対策だけではなく、スマートフォンを利用する上で必須ともいうべき様々なセキュリティ対策と機能を搭載しており、かなり侮れないものとなっています。

プライバシープロテクション

迷惑電話やスパムSMSのブロックや、盗難・紛失時にGPSを利用した位置探索を行いGoogleマップ上の位置データをメール・SMSによる通知、また、スマートフォン内の個人情報や動画、画像等の個人特定につながるようなデータ・ファイルをリモート操作での抹消、そして、アドレス帳や通話の履歴などを他人に閲覧されないようにする、プライバシープロテクション機能が備わっており、万が一の場合のスマートフォンオーナーの安心感にかなり貢献するはず。 また、これらに関連して、紛失や盗難時の第三者によるSIMカード入替え時に緊急でスマートフォンをロックするセフトガード機能も搭載。 そして、日本でも近年高額請求で話題になっているペアレンタルコントロール機能も搭載されており、今後児童や未成年の間で増えていくであろうスマートフォンのシェアを考えると、不適切なサービスの利用や操作、アプリの導入を防ぐにはこれも必須の機能と思われます。

アンチセフト機能

「Kaspersky Mobile Security 9」6ヶ月無料版のダウンロード入手方法

アンドロイドスマートフォンのかたは、まず次のサイトにアクセスして、先にプログラム本体をダウンロードしておきます。

カスペルスキー モバイルセキュリティ9 アンドロイド版ダウンロードページ(※英文)

現在の最新バージョンは、フランス語版ドイツ語版が9.4.56、英語版ロシア語版が9.4.55

アンドロイド以外のスマートフォンOSのかたは、以下のサイトからダウンロードしてください。

カスペルスキー モバイルセキュリティ9総合ダウンロード案内ページ(※英文)

そしてこの記事の一番最後のアドレスへアクセスし、6ヶ月無料のライセンスキーを入手してください。

入力内容は下の画像の通り、上から「有効なメールアドレス」、「D4N7D-PD625」←プロモーションコード(必須)、CAPTCHAの認証です。
最後に一番下の送信ボタンを押すと画面遷移し、先ほど入力したメールアドレス宛に6ヶ月のライセンスキーが送信されてきます。
メール本文はドイツ語ですが、ライセンスキーは20文字の英数字で読み取れるので問題はありません。

6ヶ月ライセンスキー発行プロモ画面

 

プロモーションサイトは、こちら

なんと!「ウィルスバスター2011クラウド」1年間完全無料評価版!ただし!?やや上級者向け?

日本では3年連続国内売り上げNo.1の座にあるトレンドマイクロの「ウィルスバスター」シリーズ。
けれど、意外と知られていませんが、当然、他のウィルス対策ソフトと同様、海外でも販売されています。
今回ご紹介するのは、現在国内で販売されている「ウィルスバスター2011クラウド」と同等製品で海外向け名称の「トレンドマイクロ チタニウム インターネットセキュリティ 2011」の最新版の1年間(=12ヶ月365日)無料エディションです。

おそらく中国国内のプロモーションで提供されているもののようですが、1年間といえば有償パッケージとして販売されている製品とまるっきり変わらないので、これを”機能評価・比較・体験版・試用版”とよんでいいのかは微妙ですが、”軽くなった”と評価のある現行の今年度版ですので、たしかに1年の間アンインストールせずに使い切ればその実力と性能はつかめそうではあります。

ところで、見出しにも「上級者向け」とありますが、今回ご紹介するダウンロードバージョンは英語版ならまだしも、実は、中国版でして、その時点でかなりハードルが高くなっています。
そのため、できれば日本語ローカライズできないか思案したところ、日本国内の体験版バージョンのファイルを利用することで解決できました。

もちろん中国版のままでも1年間利用は可能ですが、当然ながら設定やメニューなどの表示は基本的に中国語になります。
日本も漢字圏なのでなんとかいけそうな気もしますが、ところがどっこい、中国語のパソコン専門用語はかなり難読なのが現実であったりします。 
基本的に、だいたいどのウィルス対策ソフトも、インストールさえ済ませてしまえば、後は特に設定をさわることなくそのまま入れっぱなしのことが多かったりはしますが、それでもやはり日本語表示であることは、精神的な負担も軽くなるはず。

というわけで、製品の具体的な機能・特徴・性能については国内版と同様なので渇愛しますが、 以下、インストールの手順、日本語化の手順をまとめていきます。

※本ページの内容は、海外パッケージを強制的にローカライズする手法のため、実行する場合はあくまでも自己責任でお願いいたします。
※ご利用のPCの環境などにより、完全な日本語化ができない可能性もあり、英語版で表示される箇所なども発生しますので、あらかじめご了承ください。
※100%の日本語ローカライズも可能なようですが、 都合上一部渇愛しています。

ウィルスバスター2011クラウド中国版のインストール図解

【 インストール前の準備 】

まず、中国版をインストールする前に、国内のトレンドマイクロのサイトから「ウィルスバスター2011クラウド」の30日無料体験版をダウンロードして、一度インストールしておきます。

※英語版でかまわないというかたは、ここの事前準備は省略してもOKです。

ウイルスバスター2011 クラウド 30日無料体験版のダウンロード

 

この日本語体験版のインストール手順(トレンドマイクロ公式)

つぎに、インストールが完了しウィルスバスターが起動したら、画面下のタスクバー右のトレンドマイクロアイコン(インジケーター)の上で右クリックし、開いたメニューから「終了」を選択、そしてこの日本語版「ウィルスバスター2011クラウド」のインストールフォルダをすべてデスクトップやマイドキュメントなどの別の場所にコピーしておきます。

インストールされている場所は「C:\Program Files\Trend Micro」になります。

環境によっては一部コピーできないファイルがある場合もありますが、そのファイル・フォルダについては無視しても構いません。
このコピーで特に必要になるのは「 JA-JP」といった日本語設定用ファイルが格納されたフォルダです。

コピー待避して準備ができたら、今度はいまインストールしたばかりの「ウィルスバスター2011クラウド」をアンインストールします。

これで、日本語化用の準備は完了です。

【「トレンドマイクロ チタニウム インターネットセキュリティ 2011」(中国版)のインストール】

まず、インストールに必要な一年間体験版をダウンロードしてきます。
※ダウンロード先は、この記事の一番下にあります。

ダウンロードしてきたインストールプログラムを実行します。
中国版のインストール画面になるので、ここからは画像つきで説明します。

「試用版」を選択し、右下の「下一歩」をクリックで次へ進みます。

左のチェックを確認し、右下の「同意~」ボタンをクリックで次へ

インストールが始まります。

インストールが終わるとこのウィンドウが出るので、テキストボックスに有効なメールアドレス(フリーアドレスでもOK)を入力して右下の「完成」ボタンをクリック。

次に、日本語化の準備のためウィルスバスターをいったん停止させます。
停止の方法は、画面右下のツールバーにあるトレンドマイクロアイコン(トレイアイコン)を右クリックして現れるメニューの一番下の「退出」をクリックです。

ここからの作業は大変なので少し頑張って下さい。
※英語版でよいかたは、ここを読み飛ばしてこの下の「英語版の場合」だけの手順を行なって下さい。

先ほど、コピーして待避しておいた「Trend Micro」フォルダーから、以下の画像を参考に、現在ウィルスバスター2011中国版がインストールされているフォルダに日本版ファイルをコピーします。

これを手探りで見つけるのはかなりの労力を要するので、Windowsのファイル・フォルダの検索を使い、先ほど待避したフォルダを指定して「JA-JP]の名称でフォルダ検索すると画像のように一括で見つけることができます。

 

日本語化に必要なJA-JPフォルダ一覧と、保存箇所のリスト

とりあえずの日本語化でOKなかたは、”UI”の名称がついたフォルダや”MainConsole”など”Console”の名称があるフォルダに入っている「JA-JP」フォルダのみコピーして下さい。
”plugin”などの名称のモノはスキップしても構いません。

 

ファイルのコピーが完了したら、コピー待避した以下の”UIProfile.cfg”ファイルを中国版の同様の場所に上書きコピーします。

Trend Micro¥UniClient¥UiFrmwrk¥UIProfile.cfg

※英語版でよいかたは、上のJA-JPフォルダコピーをスキップしてこの手順だけでOKです。

以上の作業が完了したら、再度ウィルスバスターを起動。
日本語化されていたら成功です。

メイン画面の有効期限が1年間のライセンスがあるかを確認してください。

肝心の1年間無料の中国版のインストールプログラムは以下でダウンロード可能です。
それぞれZIPファイルで圧縮されているので、解凍してご利用下さい。

[Windows XP・Vista・7の32bit版のダウンロード]
[Windows XP・Vista・7の64bit版のダウンロード]

あの「Avira Premium Security Suite」の180日(6ヶ月)無料評価体験版で総合セキュリティ対策

レッドパラソルのデザインと、安定した検知・検出性能のウィルス対策ソフトが無料で永年利用可能なことで、avast!およびMSE、AVGなどとともに4大無料アンチウィルスとして知られるAviraですが、プロモーションにより、その無料版の上位有償パッケージ製品となる「Avira Premium Security Suite」が180日間の長期間有効な無料体験評価版が2011.3.28迄の期間限定でダウンロード配布されています。

「Avira Premium Security Suite」の性能・特徴

ウィルス対策機能だけでカバーできない、より高度なセキュリティ対策が求められるオンラインバンキングやオンライン ショッピングの利用などへの万全な対応を行なうための総合的セキュリティソ リューションとして有償提供されているのがこのバージョンです。
標準搭載のファイアウォールで、インターネットやメールを利用する際に、 ウイルスやマルウェアを寄せつけないのはもちろん、モバイル機器で外部ネットワークを 利用しているときでも外部からの攻撃をシャットアウト可能。
バック アップ機能を用いることで、データをコピーしている間も、不要なスパムメールをブロッ ク。
その他は、以下の製品ページで確認できます。
製品別の比較もあるので、チェックしてみてください。

「Avira Premium Security Suite」日本語製品紹介サイト

「Avira Premium Security Suite」日本語ユーザーマニュアル

Avira Premium Security Suite バージョン 10 日本語版

対応Windowsバージョン:

Windows XP (32 ビットまたは 64 ビット)、SP2
Windows Vista (32 ビットまたは 64 ビット)、SP1
Windows 7
Windows 2000 SP4 およびロールアップ修正プログラム 1

「Avira Premium Security Suite」180日長期有効無料体験評価版のダウンロード入手先

以下のAviraプロモーションサイトへアクセス
※ドイツ語本社サイトです

Now 6 months free! Premium Security Suite + Star Money 7.0

ページ右側のグリーンのボタンをクリックでダウンロードが始まります。
※ファイル名:avira_premium_security_suite_de.exe 
※ドイツ語版ですが、上記マニュアルを元にインストールし、完了後ライセンスキーをメモなどに控えいったんアンインストール
上記リンク先でダウンロードした日本語版をインストールし、先ほど控えたライセンスキーを入力適用でアクティベイト

わかりにくいので、以下180日の評価体験版インストールプログラムへの直接リンクです。

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー)」90日無料体験評価版ダウンロード(≠2011)

高い検出精度とスキャン性能など、バランスのとれたウィルス・セキュリティ対策ソフトとして日本では比較的パソコン上級者(ハイエンドユーザー)に好まれる傾向にあるカスペルスキー2011ですが、β(ベータ)リリースとして現在2012年の最新リリース予定版となる「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」が90日間無料評価体験版としてリリースされています。
”インターネットセキュリティ”とあるとおり、カスペルスキー製品群でも総合セキュリティ対策バージョンとなりますので、無料のウィルス対策限定ソフトであるavast!やMSE、Avira、AVGの守備範囲を超えるセキュリティ性能を試してみたい方、現在利用している対策ソフトでは除去しきれないマルウェアやスパイウェアなどの脅威がPC潜んでいる疑いのある方など、比較・評価も含めてトライされてみてはいかがでしょうか?

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」で強化された機能

現行バージョンと比較し、以下の性能が強化されているようです。

  • タッチスクリーンサポートが追加された完全に新しいインターフェイスを採用
  • ウィルス・マルウェア・スパイウェア・ボットなどの脅威に迅速に対応するべくさらなる改良を施したカスペルスキーセキュリティネットワークによる”クラウド”型対策テクノロジー
  • 不審なファイルを実行せずともカスペルスキーのセキュリティネットワークを介してチェック・評価する機能の追加
  • 全体的なパフォーマンスと効率の大幅な改善によるシステム負荷削減の達成
  • 潜在的な脅威となるプログラムの活動を解析能力の強化
  • 更新プログラムのダウンロード・アップグレード中のコンピュータリソースへの影響を最小限に留めるよう最適化
  • 不審なソフトウェアによって引き起こされる行動のパターン情報を、分析・評価のためにKSNデータベースへ収集
  • ブートシーケンスを常に監視・調査・分析傍受し、ルートキット検出技術を改善

「Kaspersky Internet Security 2012(カスペルスキー インターネット セキュリティ)」のダウンロード

以下に、直接リンクを張っています。
※英語バージョンになります
※日本語インターフェイス化が可能かは現在不明
※ファイル名:kis12.0.0.234en.exe (バージョン2012.0.0.234ベータ)

90日(3ヶ月)無料「ウイルスバスター2011 クラウド」体験・評価版ダウンロードでウィルス対策

 

BCN AWARDにて2008~2010年の3年連続セキュリティソフト部門最優秀賞(集計対象期間 2008年1月~2010年12月:全国有力パソコン販売店=約2400店のPOS実売統計)を獲得しているトレンドマイクロ社の最新版セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2011 クラウド」の90日体験評価版(通常は30日版のみの試用提供)が、マイクロソフトとのプロモーションにより提供されています。
マイクロソフト社認定「Compatible with Windows 7」を取得していることからもわかるように、常に最新のPC環境をターゲットにしているのはさすがだといえます。

2011.3.16追加
ウィルスバスター2011クラウドの1年間体験版のダウンロードはこちら

非作業時のパソコンのメモリ(RAM)使用量を大幅に低減することに成功

クラウド技術を取り入れることで、以前のバージョンにくらべて、格段にパソコン使用中に体感する「重さ」の軽減に成功。
これにより、ウィルス対策ソフトの監視にともなう鈍重感の先入観を排除し、「軽快な操作性」を実現しています。

「ウイルスバスター2011 クラウド」の90日体験評価版のダウンロード・入手方法:その1

1.以下のサイトへアクセスします。

トレンドマイクロ オンラインショップ MSプロモ特設ページ

https://vbshop.trendmicro.co.jp/material/27190003/html/uptakestore/oem/index_MST_MSTmulti02.html

2.表示されたページ中央の以下のボタンでダウンロードが開始されるので、任意の場所に保存しインストールを進めて下さい。
ダウンロードされるファイル名は「Microsoft_Ti3_T_TMOS_SIA.exe」です。

「ウイルスバスター2011 クラウド」の90日体験評価版のダウンロード・入手方法:その2

こちらは、ネット証券大手の松井証券とのプロモーションによる特別90日版の無料評価体験用ウイルスバスター2011クラウド最新版です。

1.以下のサイトへアクセスします。

トレンドマイクロ オンラインショップ 松井証券プロモ特設ページ

https://vbshop.trendmicro.co.jp/material/27190003/html/uptakestore/oem/index_MST_MSTmulti02.html

2.表示されたページ中央のボタン(その1と同じボタン)でダウンロードが開始されるので、任意の場所に保存しインストールを進めて下さい。
ダウンロードされるファイル名は「Matsui_Ti3_T_TMOS_32bit.exe」です。
※ファイル名から、このサイトでの提供は32bit版限定の可能性があります。
(ウィルスバスター2011クラウドは、64bit、32bitそれぞれに対応)