無料PC向けウィルス対策ソフト「BitDefender AntiVirus Free 2014」64bit 32bit – Avira、Avast!、MSE、AVG比較

3年連続高評価の最新セキュリティ対策総合ソフト「Bitdefender Internet Security 2015」がフル機能で6ヶ月(180日)無料

2014年12月に、最新版Bitdifender2015フルセキュリティ対応の180日(6ヶ月)無償版のダウンロード方法について記事を掲載しました。

Windows8以降、マイクロソフトが「Windowsディフェンダー(MSE:Microsoft Security Essencials 同等)」としてウィルス対策ソフトを標準搭載してきたことや、次々と発覚する凶悪なセキュリティホールの存在、その振る舞いや手口がどんどん巧妙化するスパイウェア、マルウェア、スクリプト、ネットワークウェアの進化に伴う著しいP2P化など、某ウィルス対策ソフト大手の技術者が音を上げるほどにウィルス対策ソフトベンダー(企業・開発)は切羽詰まっているようです。

こちらで紹介するBitDefender(ビットディフェンダー)も、もとは有料(有償)製品であったもので、ある時点から無償バージョンの配布を開始しています。
日本ではまったく馴染みがなく、つまり、インストール後も日本語画面は用意されていませんが(英語他)、企業としてのセキュリティ対策への取組やポリシーを含め、数年前から一定の評価を受けているベンダーです。

英語のソフトウェアが苦手なかたも少なくはないでしょうが、インストール後に頻繁に画面を開いて作業したり設定を弄るなんてことはウィルス対策ソフトにおいてはほとんど考えられないので(言うなれば、入れっぱなしで放置プレイ)、「無償でより高性能なものを試してみたい」という需要にはぴったりではないでしょうか。

 

無料ウィルス対策ソフト 間での性能比較調査

インストール完了時に、誇らしげにこんなウィンドウが表示されます。

 

 avast! free、AVG Free、Avira Freeとのグラフ比較ですが、Webサイトでも以下のようにPRしています。
 2013年2月のAV-TEST.ORGの比較テストの総合評価ですが、2014年5月時点ではまた少し変わってきています。
MSE(マイクロソフト)が突き抜けて性能が高くない(「低い」という表現は使いません。一般的な用途では必要十分だと思います)ので、これを除けば、この四者は毎回、”怪しい振る舞いを行う 疑わしきプログラム”の判定あたりで評価が変わってきたりして、ある程度流行によって変動する順位でもあると考えています。
逆に、ウィルス対策ソフト評価機関が、これほどベンダーに影響を与えるようになってきたことの証左でしょう。
ユーザーにとって歓迎すべきことで有って欲しいものです。

BitDefender 無料ウィルス対策ソフト ダウンロード

・製品紹介ページ

Bitdefender Antivirus Antivirus Free Edition
A free antivirus that uses #1 ranked technology and is feather-light.

http://www.bitdefender.com/solutions/free.html

 ・ダウンロード リンク

32bit (x86) Windows用

http://download.bitdefender.com/npd/free/Antivirus_Free_Edition.exe

 64bit Windows用

http://download.bitdefender.com/npd/free/Antivirus_Free_Edition_x64.exe

 

 インストール中に trufosなどの仮想ドライバを組み込まれます(サービス起動)。

インストール後、鬱陶しい広告は出ませんが(出さないと明言されています)、My BitDefenderとしてユーザー登録は促されます。
登録せずとも利用を続けるのは可能なようですが・・・?
利用者数増える→検体の獲得数増える+ユーザー数に応じて出資者獲得→高精度エンジン開発→企業成長の循環もあるので、無料メールアドレスなどで登録してあげるのも支援の手立てかと思います。

名前は無記名でもOK。
メールアドレス、パスワードのみで、送信後メールアクティベーションで完了です。

もちろん、facebookやGoogleアカウントでも登録可能。
ソーシャルアカウントのこれらのほうが歓迎(貢献)されるでしょう。

ただ、デフォルトブラウザの設定無視でIEが自動で開かれるのが気に入らない感じがします。
けっこうPCの設定(PC名、ネットワーク名その他)を拾っているので(有償版でもそうでしょうが)、一応の留意は必要かと思います。

https://my.bitdefender.com/en_us/my/?app=desktop/#page=main.login

SSL証明書

CN = Thawte SSL CA
O = Thawte, Inc.
C = US

 

完全永年無料かつ高評価のAndroidスマホ・タブレット向けウィルス対策アプリ「アバスト! 無料モバイルセキュリティ」ダウンロード

永年完全無料のパソコン向けウィルス対策ソフトのリリース元としておそらく世界でもっともシェアと高い評判・評価を持っているであろうセキュリティ・ベンダーがこの「avast!」です(Windows8にバンドル搭載されてしまったMSEエンジンを除く)。
 「avast!」自体は、スマートフォンの普及に早くから着目し、パソコン版と同様に無料でありながら有償の製品を凌駕するセキュリティアプリをリリースし続けています。
特筆すべきは、永久無償のセキュリティアプリ製品は近年数多くのベンダーからもリリースされていますが、さすがの老舗だけありこの 「アバスト! 無料モバイルセキュリティ」はその機能の豊富さからしてアタマ一つ抜きん出ています。

2012年6月現在の著名な無償androidセキュリティアプリの機能比較

avast! AVG Lookout Norton
ウイルス対策
 リアルタイム保護
 スケジュール検査
 SMS 検査
 更新のカスタマイズ
プライバシーレポート
ウェブシールド
 サイト訂正
通話 /SMS フィルタ
盗難対策機能
(※リモート=遠隔)
 リモートロック
 リモートGPS 検索
 リモートWiFi 検索
 リモートSD カード削除
 リモートサイレン
 SIM カード差替え通知
 連絡先のバックアップ
ファイヤーウォール
(※rooted本体のみ)
 ポートフィルタ
 IP アドレスフィルタ
カスタマイズ可能な
お知らせアイコン
望ましくない可能性の
あるプログラムの検知

 

 「アバスト! 無料モバイルセキュリティ」のウィルス検知能力・性能

 肝心のウィルス検知機能などについても、ウィルス対策ソフト・アプリのテスト・評価機関として世界的に著名なドイツの「AV-TEST.org」 において2012年3月付け更新で公表されている「Test Report: Anti-Malware solutions for Android(アンドロイド端末用ウィルス対策アプリの評価テスト調書)-PDFファイル」の中で、ウィルス(マルウェア)検出ランキングの上位にランク・インしA評価を受けるなど、セキュリティのブランドとして着実にその地位を固めています。

AV-TEST.org 2012年3月更新版Android用ウィルス対策アプリの検出性能ランキングレポート

 

 

「 アバスト! 無料モバイルセキュリティ」のダウンロード

アバスト! 無料モバイルセキュリティ」は以下のGoogle Playよりダウンロードが可能となっています。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.mobilesecurity&hl=ja

http://www.avast.co.jp/free-mobile-security

 

永年完全無料のPC用ウィルス対策ソフト「JUSTインターネットセキュリティ」 ATOK、一太郎で有名なあのジャストシステムから2012.02.15リリース

ジャストシステムといえば、日本語入力(IME)「ATOK」や日本語ワードプロセッサ「一太郎」をはじめ、わが国のソフトウェアベンダーとしては老舗になりますが、2012.02.15にそのジャストシステムより、初期費用も更新費用(年間利用料金など)もすべて無料で利用可能なPC用ウィルス対策ソフト「JUSTインターネットセキュリティ」の無料ダウンロードリリースが開始されました。

Windowsパソコンで完全に永年無料で利用できるウィルス対策ソフトといえば、マイクロソフトの「Microsoft Security Essentials(MSE)」 やAVG、avast!などが有名です。
現在ではMSEがフリーウェアとしてアンチウィルスでは驚異的なシェアを誇ってきていますが、はたしてこの 「JUSTインターネットセキュリティ」はどこまで食い込むことができるでしょうか?

 

「JUSTインターネットセキュリティ」の主な機能

やはりというか、こちらのソフトもいまどきの軽快性が売り文句となっています。
肝心の機能としてはどうでしょうか。

・ウィルス対策機能(基本機能)

Web(インターネットでのホームページ閲覧)や電子メール、USBスティックメモリ、各各種データカードなどを通じて侵入するウイルスを常時監視し、リアルタイムに保護して、ウイルス感染を防止
定期的なスキャンに加えて、手動で必要な領域・フォルダ・ディレクトリーのみをスキャンすることも可能。

・スパイウェア対策

ユーザーが無意識のうちに紛れ込むことの多いスパイウェアにより、個人情報が収集されて外部に送信されることで生じる被害を未然に防ぐための検出機能。

・ファイアウォール

外部からの不正な通信をブロック。
また、内部から外部ネットワークに接続する際には、必要なプログラムの通信だけを許可することによりセキュリティーを高強度化。
プログラムの起動時などに通信の安全性を学習させることが可能。

・フィッシング対策

信頼できるサイトのみアクセス可能にし、疑わしいサイトとフィッシングサイトを監視して、危険なWebサイトの閲覧を防止。

・個人情報保護

クレジットカード番号などの大事な情報を知らない間に外部に送信されないよう、個人情報の漏えいを防止。

・クラウド機能

利用中のパソコンからインターネットを経由して常にリアルタイムでクラウド上(ネット上に構築されたデータベース)に収集した新たなウイルス情報にアクセス。
常時安全性のチェックが可能。

・ゲームモード

ゲームやプレゼンテーション、DVD・ブルーレイや動画鑑賞など、パソコンのパワーを必要とする作業中(パソコンに負荷がかかる作業中)は、定時スキャンやウイルス定義ファイルの更新、メッセージ表示を抑制することによりパソコンの動作の軽快性をキープ。
万が一のウイルス検知の場合にも、自動処理が可能。

 

搭載された機能としては、ウィルス対策ソフトとして目新しさはないものの一般的な市販ソフトには劣らないものとなっています。
MSEはここまで豊富な機能はないため、同等の無料製品としては「avast!」が対抗馬になりそうです。

 

ただ、やはり、というか、無料利用のかわりにスキャン時などにウィンドウにジャストシステムより広告画像が表示されます。
クリックするとインターネットブラウザが起動しスポンサー企業の広告ページが表示されるシステムですが、これには賛否が出そうです。

 

365日の電話やメールでのサポートを受けることができ、広告表示を行わない有償の「JUSTインターネットセキュリティ 月額版」(月額:315円[税込])もオンラインショッピングサイト「Just MyShop」にてあわせて提供が開始されるので、無料版で十分な効き目やご自分のシステムや使い勝手との親和性が確認できたかたで、かつさらに踏み込んだ操作を必要とするかたにも間口が開いています。

 

また、同社は以前からカスペルスキーという世界的に有名なウィルス対策ソフトを日本のベンダーとしてリリースしていましたが、今回 この 「JUSTインターネットセキュリティ」で採用sれている検知エンジンはカスペルスキーのものを利用しているわけではなく、コンポーネントから判断すると中国のアンチウィルス対策ソフトベンダーであるJiangmin Corporation(江民科技 社)の「KV Antivirus」を採用しているようです。
日本向けにチューニングされている可能性もあり、これが実際の検知性能や成績にどれほどの結果を残すのかはまだ未知数ですが、やや他のアンチウィルスソフトに比べると推奨度が低く感じられます。

 

 

JUSTインターネットセキュリティのダウンロード

製品紹介ページ
ダウンロードページ
(アクセスすると自動的にダウンロードが開始されます)
動作環境
OS:Windows7[32bit版/64bit版]/Windows Vista(Service Pack 2以上)[32bit版/64bit版]/Windows XP(Service Pack 3以上)[32bit版]各
※64ビット版の環境では、ふるまい監視とルートキットスキャンは利用できません。
CPU/メモリ 利用中のOSの推奨環境以上
ハードディスク最低必要容量(インストール時):280MB以上

無償ダウンロード!アンドロイドスマートフォン向けウィルス対策アプリ「ALYac Android」

アンドロイド専用のセキュリティアプリ「ALYac Android」が現在無償でダウンロード配信されています。
「セキュリティ対策はありますか?1年更新の有料アプリの購入を検討していますか?アンドロイドが重くなるのが不満ですか?まず160万ユーザのALYacを試してください。」をキャッチコピーに、同社がもつパソコン用のウィルス対策ソフト「ALYac」のセキュリティ技術をベースに、新たにAndroid OSを搭載した端末向けに最適化・開発されたセキュリティ対策アプリです。
悪意のあるプログラム・コードやアプリの精密スキャンと駆除・除去、そしてリアルタイム監視による危険なアプリの確認・通知と、定期的なウィルス・マルウェアのパターン・定義ファイルデータベースの更新もあり、そして、インターフェイスが日本語のアプリであることで操作・設定もわかりやすく、総合的にスマートフォン・ユーザーに優しいウィルス対策アプリといえるかと思います。

トレンドマイクロのウィルスバスターが日本で受け入れられている理由のひとつに、操作の要となる”インターフェイス・画面のわかりやすさ”がある、そうウィルス対策研究所は考えます。

セキュリティ対策というのは、実はけっこうナーバスな分野だったりします。
高機能・高性能・好成績を出せるセキュリティ対策アプリといえど、専門用語や複雑な設定によって実際の使い手であるオーナーの理解の限度を超えていれば、それこそ人間のワクチンのように、無駄にパフォーマンスを落とすなどの副作用を起こす可能性もあります。
どんどん時代は高機能化に向かっていますが、和製オリジナルのセキュリティベンダーを抱えない日本には、こうした”理解しやすさ”、”わかりやすさ”について、より細かな配慮をセキュリティ対策アプリベンダーにはお願いしたいところです。

「ALYac Android」の主な特徴・機能

無償のウィルス対策アプリとしては、フル機能搭載といえるこの「ALYac Android」ですが、その機能をさらに詳しく見ていくと以下のような感じです。

・悪性コード、および悪性パッケージのスキャンと駆除

悪性コードの精密スキャンや駆除をサポートしており、最新のパターン・データベース更新プログラムをサポート。

ウィルススキャン中の画面

・アプリ管理 ・安全評価(レピュテーション)の情報提供によるセキュリティ強化

「安全」、「警告」、「危険」、「未確認」、「除外」のように、レベル別にアプリの安全評価をリアルタイムで通知することで、スマートフォンオーナーが危険なアプリであることを判断できるようにサポートします。

アプリの安全評価機能

・実行中アプリの管理による、パフォーマンスの最適化

アプリ管理を利用し、スマートフォンのパフォーマンス(※研究所注:サクサク・ヌルヌル感に影響がでるところ)を下げるような裏側で実行されているアプリによる不要なメモリの使用・占有を防ぎ、また、それによりバッテリーの消費電力を最小化することが可能。
また、不必要なアプリを整理・アンインストールできるようサポートしています。

バックグラウンドを含む実行中アプリの管理・監視・設定

・スパム管理(迷惑電話や迷惑メール、テキストメッセージをリアルタイムでブロック・管理)

リアルタイムでスパムであるかを判断し、さまざまな迷惑メールの登録・ブロックし、また、ユーザーのカスタマイズ設定によるスパム管理もサポート。
加えて、電話番号、キーワード別のスパムの詳細を使ってスパムをブロック記録および情報の確認が可能です。
(※研究所注:いわゆる、「ブラックリスト」、「ホワイトリスト」による管理に相当するものだと思われます)リスト化による迷惑電話などのブロック設定

・ワンタッチで簡単に設定が可能な親切設計

ネットワーク接続管理、更新プログラムの管理、スケジュールスキャン、およびリアルタイムの監視、迷惑電話番号・キーワード監視、連絡先の登録番号スパム除外リストの管理、発信者番号表示の制限のブロック管理機能などさまざまな機能をワンタッチで簡単かつ手軽に 設定・確認することができます。

シンプルでわかりやすい親切設計なインターフェイス・操作画面

「ALYac Android」の無償ダウンロード

以下のアンドロイド・マーケットもしくは公式サイトでダウンロード入手が可能です。

・アンドロイド・マーケット

https://market.android.com/details?id=com.estsoft.alyac

・「ALYac Android」公式サイト

http://alyac.jp/index.html

無料のアンドロイドスマートフォン用ウィルス対策アプリ「Lookout Mobile Security Free」アンチロスト・バックアップ機能も搭載

2011年の春で、海外でもっともレビューが多いであろう無料のウィルス対策アプリといえば「Lookout Mobile Security Free」になると思います。
PC Magazine、PC Magazine、CNN、WSJ、GIZMOなどでも高く評価されており、今も利用者を増やし続けています。
この「Lookout」ですが、無料版と、機能拡張された有料のプレミアム版がリリースされています。

また、Windows MobileやBlackBerry用の同アプリもリリースされています。

「Lookout Mobile Security 」無料版の機能

・リアルタイムとスケジュールスキャン機能搭載

 

Lookoutによるスキャニング

軽量感と効率性、そして、常に自動的に最新の状態をキープすることをであることを売り文句にしています。
リアルタイムまたはスケジュール設定による、セキュリティ保護とプライバシー情報のスキャニング機能を搭載し、ウィルス・スパイウェア・マルウェアの感染に備えることができます。

・バックアップ機能

コンタクトリスト(連絡先)のバックアップとレストアに対応。

・アンチロスト機能

万が一の紛失時・盗難時に、パソコンや他のスマートフォンからGPSによる位置探査が可能。

・有料版プレミアムの付加機能とは?

月額$2.99(年間支払い$29)のプレミアムバージョンは、上記の無料バージョンに、アンチウィルスには「プライバシーアドバイザー機能」が、アンチロストにはリモートによるデバイスのロックとデータ抹消・消去が、そして、バックアップには他デバイスへのデータ転送と写真(フォトデータ)と履歴の保存機能が付加されます。

ただ、このLookoutが売りにしているプレミアムの機能は、すでに他の無料アプリ(F-Secure Free Anti-Theft for Mobile)などでも実装は可能です。
無理なコストをかけず、端末への負荷分散もかねて、機能ごとにアプリを選択・導入するのも、スマートフォンらしい使い方のひとつだと思います。

「Lookout Mobile Security 」のダウンロード

アンドロイド・マーケットよりアプリのダウンロードが可能です。

http://market.android.com/details?id=com.lookout

モバイルからのアクセスによるダウンロード

http://m.mylookout.com/

バーコードでのアクセス

アプリの詳細(Lookout公式サイト)

https://www.mylookout.com/features/

無料のアンドロイドスマートフォン用ウィルス対策ソフト「NetQin Mobile Anti-virus for android」アンチロスト・バックアップ機能も充実

NetQin Mobile Anti-Virus インターフェイス

「NetQin Mobile Anti-virus for android」は、アンドロイドスマートフォンやタブレットなど向けに開発された、クラウドベース型のウィルス・マルウェア対策ソフトです。
NetQin社は、香港、北京の中国を発祥とするIT企業で、現在はアメリカ シリコンバレーにも拠点をおき、2005年頃からsymbian、BlacBerry、Windows MobileなどのモバイルOSセキュリティソフトウェアの開発を手がけています。

他のウィルス対策アプリと同様にバッテリーの消費が若干早くなることもあるようですが、このセキュリティアプリの海外での評価はおおむね良好のようです。

「NetQin Mobile Anti-virus for android」の特徴

ウィルス対策機能は、クラウドコンピューティング技術とリアルタイム保護による、ウィルスとマルウェアのスキャンと除去を可能にしています。
フルスキャンオプションでは、根深いトロイの木馬型マルウェアなどにも対応。 
頻繁なウイルスデータベースの更新によって、最新のマルウェアなどの脅威や悪意あるプログラムから保護することを可能にしています。

ウィザード形式で設定可能なアンチロスト機能

また、GPS追跡で実行されるアンチロスト機能は、世界中のどこにあってもリモコンのように機能し、ファイナンシャルな損失とプライバシー漏洩の保護を可能にしています。
万が一の消失時において、デバイスの発見を放棄した場合、単純なリモートコマンドで個人情報やコンテンツを完全に削除することができます。

サーバーバックアップ機能

大事な連絡先やアドレス帳を、クラウドサーバーへ自動的にバックアップ(コピー・保存)します。
スマートフォンを買い換えたり、iPhone(iOS)やsymbianなど他のモバイルOSに機種変更しても、連絡先の引き継ぎが可能になります。

「NetQin Mobile Anti-virus for android」のダウンロード

対応:Android 2.0/2.1/2.2  /1.5/1.6

以下のサイトにアクセスの上、ご利用のOSバージョンにあわせてダウンロードしてください。

http://www.netqin.com/en/antivirus/download/#

また、Android Marketでも、現在無料で利用可能です。

https://market.android.com/details?id=com.nqmobile.antivirus20

同URLで、Windows Mobile 5~6、BlackBerry 5.0~V4.0、Symbianの同アプリも入手可能です。

※ただし、アンドロイド版以外は、一部機能が有料になるようなのでご確認下さい。

・アプリについての公式サイト詳細ページへのリンク

http://www.netqin.com/en/antivirus/

最新版のF-Secure Internet Securityが2011/10/31まで誰でも全員無料2010年受賞記念プロモ開始!

F-Secureが、2010年度のウィルス対策ソフト評価機関「AV-Comparatives」での評価・比較テストでの数々のトップ成績の獲得を記念して、パーソナルユースにかぎり2011年の10月末日まで誰でも無料で利用できるライセンスの配布を開始しました。

もともとドイツのキャンペーンですが、すべて日本語版で利用可能です。

 

有効期限は、なぜか2011/11/13・・・

★注意点

2011.5.1に、インストールから、すべて機能・動作・パターン更新、正規ライセンス版、そして日本語バージョンであることを確認しました。

が、インストール時に入力する、プロモページで表示されるライセンスキー(コード)のうち(たぶん二種類)利用できないものもあります。

「GQ6D-V7GL-TER4-0EDV-0R1C」 は、OKでした。

ソフトウェアは、インストールの段階から自動的に日本語で案内されるので心配ありません。

おそらく、日本のサイトでダウンロードした30日体験版でも利用可能と思われます。

公式プロモーションとはいえ、フル機能のセキュリティスイートであるIS2011の正式ライセンスが11月半ばまで利用できるのは、太っ腹!

日本では、いまひとつシェアがのびないF-Secureですが、ペアレンタル・コントロールなどの便利機能は、お子さんをもつ家庭には最適。

ウィルス検知能力はかなりの好成績を叩き出しているF-Secureですが、少し旧型のPCやメモリ1GBくらいのXPパソコンでは、ウィルスデータベース・パターンの更新時などにやや重さを感じることがあります。

ただ、2011年に施された高度なチューニングにより、フル機能がアクティブな状態であってもパソコンへの負担は少なく、いわゆる操作のサクサク感・軽快感は守られています。

 

F-Secureが世界評価で総合1位!
2011年前期向、2010年総合評価・比較ランキングNo.1ウィルス対策ソフトが発表!
http://antivirus.server-ing.com/2011/03/02/253/

 

F-Secureの当該プロモーションサイトページ(ドイツ)

http://newsletter.f-secure.com/public/read_message.jsp?&mid=300046018

プログラム本体のダウンロード(ダイレクトリンク)

http://newsletter.f-secure.com/re?l=4yn0zmII5

 

マイクロソフトから、10日間使い捨てのウィルススキャンソフト「Microsoft Safety Scanner(MSS)」

マイクロソフトが現在提供しているセキュリティ対策ソフトウェアとしては、PC常駐型の「Microsoft Security Essentials(MSE)」がありますが、それとは別に、同ソフトのスキャニングエンジンを搭載した「Microsoft Safety Scanner(MSS)」も無償・無料で日本語版のダウンロード配信が開始されています。

コンピューターウィルスやマルウェア(悪意のある脅威的なソフトウェア・コード)のスキャニングと削除・除去のみに特化しており、特筆すべきは、ポータブル型のソフトとしてインストールを必要とせず利用可能なことで、いつでも任意のタイミングで実行することができ、すでに他のウィルス対策ソフトウェアソリューションをインストールしている場合でも独立して利用可能です(※)。
※ただし、既存のウィルス対策ソフトの監視などを一時停止することが望ましいと思われます。

たとえば、すでにウィルス対策ソフトを導入済みにもかかわらず何らかの動作・アクションをきっかけにパソコンの動作やパフォーマンスに異常を感じる場合や、クリーンな環境であってもデータの受け渡しなどでウィルススキャニングが必要な状況、またインターネット接続の環境がないため最新のワクチン・パターンでの検出ができない状況などでは、非常に重宝されるはずです。

もちろん、導入していたウィルス対策ソフトの有効期限が切れてしまったケースでも有効です。

また、プログラム本体をマイクロソフト自身が”Microsoft Support Emergency Response Tool”と呼称しているように、USBメモリ(ペンドライブ)やポータブルHDDからも実行することが可能です。

起動時の使用についての同意確認ウィンドウ
ソフトの機能説明

 

 

操作は非常にシンプルで、最初に、クイックスキャン、フルクイックスキャン、カスタマイズスキャンの三種類から選択するだけ。

もっとも高速なクイックスキャンを選択した場合でも、システムのほとんどのウイルス、スパイウェアおよびその他の潜在的な不要なソフトウェアを含んでいる可能性がある領域(システムフォルダ、プログラムフォルダ・ユーザーデータフォルダなど)をスキャンすることができ、除去・削除の期待値は「大」です。

なによりも、マイクロソフト自体がWindowsの開発元でもあるので、感染のルートとなりやすいウィークポイントやシステムエリアを熟知しており、スキャンアルゴリズムを含めメモリリークなどのイレギュラーも少なく、MSEと同様に安定したスキャニングが期待できます。

時間的な余裕がある場合のみパソコンのシステムを含めたすべてのデータ領域全体を対象としたフルスキャンオプションを、また、任意のフォルダやデータ、ストレージ(ドライブ・デバイス)を指定したい場合はカスタムスキャンを、と状況に応じて使い分けが可能。

 

実際のスキャン画面
スキャン完了画面

 

 

タイトルにあるとおり、このMSSはウィルス定義パターン・ワクチンの自動更新・アップデートをサポートしていないので、公式サイトからダウンロード後10日で期限切れになります。
そのため、期限を超えて再度MSS実行したい場合は、最新のマルウェア対策定義・パターンを得るために、再度プログラムをダウンロードする必要があります。

対応OSは、Windows 7、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows XPのそれぞれの32ビットおよび64ビット版で、システム要件は、CPUクロックスピードが500MHz以上、メモリが256MB以上、HDDの空き領域200MB以上、解像度が800×600以上のモニター環境となっているので、今となってはややパワー不足の感のある2002年頃のXP搭載パソコンでも実行が可能です。

ダウンロードは以下からどうぞ

Microsoft Safety Scanner “Get a free PC safety scan”
64bit版・32bit版 
ファイル名:msert.exe
ファイルサイズ:約70MB

http://www.microsoft.com/security/scanner/ja-jp/default.aspx

無料ウィルス対策ソフト「ライジング アンチウィルス フリーエディション2011(ウィルスキラー同等製品)」

今回ご紹介する永久・永年無料のウィルス対策ソフトは、中国は北京を拠点とするライジング インターナショナル社の「Rising Antivirus Free Edition 2011(ライジング アンチウィルス フリーエディション 2011)」です。
同社により無料で配布されており、自宅やプライベートパソコンなどの個人利用(パーソナル・ユース)に限って無料利用することが可能です。
ただし、こちらは海外製品となるので、操作画面やインターフェイスは英語となります。

日本ではイーフロンティア社より製品版「ウィルスキラー」シリーズとして販売されており、この無料バージョンも同様のエンジンを搭載していると考えられます。

「ライジング」のもつ機能は?

肝心の機能ですが、MSEやavast!、AVG、Aviraなどの有名どころの無料対策ソフトと比較して見ていきます。
まず、トロイの木馬、ワーム、ルートキットやその他の悪意のあるプログラムなど、すべての型のウイルスからの保護に対応していることを挙げています。
これは、今となっては標準的に搭載していなければならない機能なので、お約束といえます。
また、「あなたが本当にやりたいことに集中するための、技術特許取得済みの未知のウイルススキャン&クリーン技術とスマートアップデートの使いやすさ、アクティブな防御技術により、インストールしていることも忘れるほどのPCの快適さを約束する」とうたわれています。
ここにこのソフトの特徴が集約されていると思いますが、 世界的な評価を見比べても、たしかに軽さだけはピカイチといえます。

 

ライジング 操作・設定画面

以下、機能を列挙しておきます。

  • ライジングクラウドセキュリティによるゼロデイ攻撃からのコンピュータ保護
  • ファイルモニタ 
    ファイルを開くときに自動的に監視・監査し、トロイの木馬、バックドア、ワーム、およびその他の悪意のあるウイルスプログラムを削除
  • Eメールモニター 
    受信(POP3)スキャンのおよび送信(SMTP)スキャンにより、トロイの木馬、バックドア、ワーム、およびその他の悪意のあるウイルスプログラムに対して有効
  • USBメモリ・ストレージ・ディスクの保護 
    USBポート経由によるリムーバブルデバイスのコンピュータへの接続中にも不明なトロイの木馬、バックドア、ワーム、およびその他の悪意のあるウイルスプログラムを発見し削除
  • トロイの木馬防御 
    Windowsオペレーティングシステムのカーネル監視と、起動時の動的挙動解析技術を採用して、未知のトロイの木馬、バックドア、ワーム、リアルタイムで他の悪意のあるウイルスプログラムを遮断
  • ブラウザ保護 
    インターネット閲覧中のIEなどのWebブラウザプログラムを経由した未知のトロイの木馬、バックドア、ワーム、他の悪意のあるウイルスに対してリアルタイムで検知・遮断
  • オフィスソフトウェアの保護
    オフィスソフトウェアの起動中にも、未知のトロイの木馬、バックドア、ワーム、その他の悪質なウイルスプログラムや未知の脆弱性を悪用する悪意のある攻撃を防ぐことが可能
  • システムカーネルの強化 
    上級ユーザー向けに、Windowsシステムカーネルを強化するテンプレートとカスタムの2つのカスタマイズオプションを提供

「ライジング」の気になる実際の性能評価

パソコンの動作感に与える影響は、他のウィルス対策ソフトに比較し軽いモノの、その反面、検知性能についてはおよそ50%~70%という評価が出ています。

強いていえば、無料対策ソフトにもかかわらず、有料製品やセキュリティスイートに見られる”Eメールスキャナ機能”が搭載されていることは魅力的です。

一般的なインターネットサイトのみで、アダルトやポルノサイト、海外サイト、アングラサイトなどにはけして立ち入らないユーザーならば、検知能力のレベルよりもPCへの負荷の低さを魅力として、導入する価値はあるかもしれません。

ライジング アンチウィルス フリーエディション 2011入手先

以下のURLにて製品紹介があり、無料ダウンロードが可能です。
※画面中央の「Download」ボタンをクリックでダウンロード開始

http://www.tucows.com/preview/512766/Rising-Antivirus-Free-Edition

PCの適当な場所に保存して実行して下さい。
※インストールプログラム名: ravintfree11.exe

直接ダウンロードする場合は、以下のリンクをクリック

http://download.rising.com.cn/for_down/11globalver/ravintfree11.exe

 

無料の総合セキュリティ・ウィルス対策ソフト「Trustware BufferZone Pro」登場!avast!・MSE・AVGを超えるか!?

Windows OS対応の完全無料(フリー)のウィルス対策ソフトは、これまでavast!(アヴァスト!・アバスト!)、MSEMicrosoft Security Essentials)、AVGAvira(アヴィラ・アビラ)の4大タイトルの独壇場を呈していましたが、そこへ一石を投じるかのごとく、Trustware社よりトータルセキュリティウェアとなる「BufferZone Pro」が個人利用に限り無料としてダウンロードリリースが始まりました。

驚くべきは、永年無料で総合セキュリティスイートが提供されるのは、この「BufferZone Pro」が世界初の可能性であることです。
2011年初頭現在のウィルス対策ソフトの一般的な定義は、主に、”ウィルスの感染防護”と”感染ウィルスの安全な除去”であり、この機能を無料ソフトウェアとして提供しているのがavast!やMSE、AVG、Aviraなどです。

(ただし、これら4つのアンチウィルスソフトも、最新のバージョンではそれぞれ独自の拡張機能を搭載しつつあることは念頭に置いておかなければいけません。)
いわゆる、電子メールなどの監視・感染チェックやファイアーウォール、サンドボックス、IMやSNSなどの監視などはセキュリティ対策の拡張機能が必要な場合は、総合セキュリティスイートの名称で有償販売されるパッケージを購入するか、個別の機能ごとにフリーウェア(無料ソフト)を探し出し、インストール、管理しなければいけませんでした。

それらに対抗するべく、「BufferZone Pro」は、そうした拡張機能まで含めたトータルセキュリティスイートとして個人ユーザーに限定で今回無料での提供を開始したことは、そうした今までの労力のほとんどをカバーする大きな可能性を秘めています。
なにしろ、もともと他のパッケージウェアと同じく年間約4000円前後のコストがかかる有償のプロ版が無償提供されるわけです。

パソコンのオールインワン・セキュリティの無料化の波は、今後果たしてどれだけ大きなモノになるのか、注目です。

「Trustware BufferZone Pro」の機能と特徴

この無料セキュリティスイートには、以下の機能と特徴があります。

  • 隔離(仮想化)ゾーン内での安全なダウンロード
    すべてのダウンロードは、PC環境や個人的なファイルから分離された信頼できる仮想ゾーン内で利用が可能
    これによるリスクのある危険なダウンロードについての心配を一掃
  • 電子メールの添付ファイルを分離(仮想)ゾーンにて安全に確認
    仮想ゾーンにアクセスして添付ファイルをチェックすることで、PC環境をすべての脅威・感染から保護
    悪意のある攻撃による恐怖なく、すべての電子メールの添付ファイルをチェック可能
  • 安全な(プライバシーゾーンでの)ネットバンクとネットショップの利用が可能
    BufferZoneは、信頼できるプライバシーゾーン内でのWebサイト(銀行、電子ショッピング)利用が可能
    このプライバシーゾーンは、キーロガー、ボット、ウイルス、およびその他のマルウェアから、銀行のログイン情報やその他の機密データの盗聴を防止
    個人情報など重要なデータの保全と運用が可能
  • 安全な隔離(仮想化)ゾーンでのインターネットブラウジング(閲覧)
    ウイルス、ボットネット、トロイの木馬、ワーム、およびその他の危険なマルウェアは、主にWebブラウザ経由でPCにアクセスし感染する手法をとっています。
    BufferZoneは、仮想ゾーン内で区切られた環境でのネットサーフィンを提供することで、これら悪意のあるプログラムからPCを防護します。
  • その他、IMの監視や、定期的なバーチャルゾーンのフラッシング(掃除)、USBなどのリムーバブルデバイス(スティックメモリなど)からの感染防護、スナップショットによるクイックリカバリー、アプリケーションの追跡・コントロールなど

こうして見ていくと、やはり今後は、PC内にすべてのデータの流れを集約する架空・仮想のエリアを設けそこを監視することでより安全性を高める”サンドボックス”や”バーチャルPC(仮想)”の時代へ突き進んでいきそうです。

「BufferZone Pro」のダウンロード・入手方法

1.Trustware社の以下のサイトへアクセスします。
※英文ページ
※現在、英語版のみの提供

http://www.trustware.com/

2.ページ中央の次のボタンをクリックします。

3. 「BufferZoneProFree .msi」というファイルのダウンロードが始まるのでこれを任意の場所に保存して実行して下さい。
※無料になっているので、シリアルキーやライセンスはインストールには不要です。