万全なウィルス対策・セキュリティは、日頃のデータのバックアップから!著名になった「EaseUS Todo Backup Home」が三日間限定無料配布!

どんなにウィルス対策を万全にしていてもなんだか不安な近年のPCセキュリティ事情ですが、兎にも角にも大切なデータ・ファイルさえ無事であれば、万が一の際にもひとつ頭の痛い要因が減らせます。
ある意味、セキュリティと同様にコストをかけなくてはいけないのが「バックアップです。
クラウドでももちろん構わないのですが、サービスが突然停止したり、はたまた、かならずネット回線のある環境でいられる保証もありません。

そこで、物理メディアへのバックアップ。
HDD、BD、DVD、はたまた、オススメはしませんがUSBメモリなど、それこそ低コストなデータの保管手段は選びたいがままの時代です。

Acronisなどの有償ソフトウェアの向こうを張るかたちで数年前から、システムのクローンやブータブルSSDなど中級者以上のPC、ユーザー間で広まった“EaseUS Todo Backup”ブランド。
これの有償版のHomeエディション(3180円なり)が、期間限定で無償でダウンロード入手できます。

CHENGDU Yiwo® Tech Development Co., Ltd.は中国の新進ITベンダーですが、今回のキャンペーン期間は日本時間で6月13日正午12:00までとなっています。

 

EaseUS Todo Backup Home とは?

以前から少しくせのあるソフトでしたが、フリー版でディスククローンが可能だったことで世界的に有名になりました。
今回無償で提供されるHome版は、以下の機能があり、PCに詳しくないかたから、上級者まで使い勝手のあるソフトだと思います。

バックアップ機能

バックアップシステム – 1クリックでWindowsの作業を中断することなく、システム全体の状態(オペレーションシステムおよびインストールされているアプリケーション)のバックアップを実現。
すべてのデータを保護 – ネットワークで共有したファイル、特定のファイルと異なる種類のファイルを完全または選択的にバックアップ可能。
Outlookをバックアップとリストア – Outlook内のすべての電子メールを保護、誤って削除したメールまでも安全にバックアップとリストアを実現。
指定したフォルダ内の特定のファイルをバックアップ – 特定のフォルダに指定した種類のファイルをバックアップでき、単調で退屈な手作業を避ける。
ネットワーク接続ストレージ追加 – 一度ネットワーク接続ストレージ(NAS)を取り付けると永遠に便利なバックアップを楽しむ。

復元機能

自由にファイルを復元 – ディスク/パーティションのバックアップ·イメージ全体を復元する必要が無く、直接復元する個々のファイルを指定でき、さらなるディスク容量と時間の消耗を減少する。
システム移行 – 高速、簡単、安全にOSを再インストールせずに、SSDにシステムを移行。
システムスナップショット – システムのスナップショットを瞬間に作成、OSクラッシュしても快適に復元。
ディスク&パーティションリストア – ハードディスクをアップグレードまたは移行する際、オリジナルまたは別のハードウェアにハードディスク全体、パーティション、ダイナミックボリュームやGPTディスクを高速かつ完璧に再現。

独自の技

クラウドまでもデータをバックアップできる二重保護対策
ハードドライブのアップグレードのためのディスク(GPTディスクを含む)クローンも順調に行える。
ハードドライブのアップグレードのためのディスク(GPTディスクを含む)クローンも順調に行える。
ディスクスペースを節約するため、古いイメージを自動的に消去。

 

EaseUS Todo Backup Home の限定無償版 ダウンロードの方法

 入手方法はかんたんで、以下のキャンペーンページにて、氏名(ニックネームでもOK?)とフリガナ、メールアドレス(無料匿名アドレスでもOK?)を登録することで、メールにてプログラム本体のダウンローダーのダウンロード先のアドレス(URL)とライセンスキーが送られてきます。

———————————————–

製品: EaseUS Todo Backup Home
バージョン: 6.5
ライセンス: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
ライセンスタイプ: 個人ユーザーライセンス (無償配布)
ライセンス数: 1
ダウンロード URL: http://download.easeus.com/trial/tbh_trial_installer.exe
EASEUSのバックアップツールに興味をお持ちどうもありがとうごさいます。 製品についてより詳細な情報や巨大な割引を得ることができます 。
URL:http://jp.easeus.com/backup-software/home-edition.html

また、今度の活動に参加して頂いたお客様には朗報です:活動中EaseUSのソフトは何でも 20% オフ!
ご購買の時、以下のデイスカウントコードをご利用ください。
デイスカウントコード:JAPA-1BEI

————————————————

バージョンは 6.5ですね。

トライアン版がダウンロードされて、メール記載のライセンスキーで正式版としてアクティベイトされます。

http://jp.easeus.com/campaign/todo-backup-home.html

 

スマホに最適!無料オンラインストレージ「Googleドライブ」、5GBでサービス開始の噂?

スマホのデータ、本体にけっこう溜めこんでいませんか?
アンドロイドスマートフォンでは、本体そのものが最大64GBのメモリをもつiPhoneとちがい、膨れ上がるmp3や動画データ、デジカメ画像、アプリやドキュメントなどを保存するのは各自で用意するメモリーカード(マイクロSDが主流)に頼っていました。
iPhoneと違い、ほとんどのスマホで32GBまでは自由にお値打ちに用途に合わせてカードチョイスすることができ、またカード自体を複数で差し替えて利用できるので、この点をメリットと考えるひとも少なくないようです。 
しかし、PCや他のネットーワークデバイスとのファイル・データのやりとりには少し苦労することもあります。
デジカメ画像のプリントなんかでもそうした話題が出ますね。 
もちろん、セキュリティの点からも、バックアップデータの置き場所を見つけておくことは必要不可欠ですし。

こうした問題をたやすく解決してくれるのが、オンライン(クラウド)ストレージです。
これは、有料なり無料なりでレンタルするネット上のデータ保管庫で、インターネット接続環境さえあれば、どこでも、PCやスマホの境目なくファイル・データを共有しやりとりすることが可能になるサービスです。

iPhoneユーザーにはAppleより無料のオンライン(クラウド)ストレージとして「iCloud」が5GBの容量で無料で提供されていますが、肝心のアンドロイド機向けにOSベンダーであるGoogleからはこうしたサービスの気配が見えませんでした。
DropBoxなどのサードが提供するサービスが現在全盛期を迎えており、今回は珍しくGoogleが後追いするかたちになっています。
とはいえ、数年前までGoogle FSという無料ストレージサービスは存在していたはずで、どうも今回はその眠っていたサービスの掘り起こしをしているとの噂です。

現在、Googleからはこのサービスについて公式にはアナウンスされておらず、この噂についてはGoogle関係者の内部リークといわれています。
ベータ版の招待画面がリーク紹介されており、これについても「いかにもGoogleのデザインっぽいけど・・・うそ臭いといえばたしかに」など真偽をあやしむ声も上がっているようです。
提供される容量が、当初1GBとリークされていたのが、2012.3.31には5GBという情報も流れ伝わってきました。
情報をリークすることによってマーケティングしているような気もしなくはないですが。

MicrosoftのSkyDriveが、Liveアカウントさえあれば25GB無料に対し、量的な競争では他のサービスでは圧倒しているGoogleがはたして5GBで済ませてくるのか、とも感じられます。
しかし、スマホなりタブレットなり、アンドロイド端末との相性を考えれば、アンドロイドの生みの親であるGoogle社にこうしたサービスを提供してもらうのが一番合理的かつわかりやすくシンプルではないでしょうか。

オンラインストレージで何ができるのか?

その答えは、ユーザーの管理能力にも依存しますが、まだまだデータの保全について情報の少ない日本では、こうしたサービスは今後ますます切り離せなくなっていくはずです。

2011.4.22 PM10:00迄期間限定無料プロモで、12600円相当?のあの有名バックアップユーティリティ「パラゴン システムバックアップ10 3ユーザーライセンス特別版」をゲット!

ウィルスやセキュリティ対策というと、どうしてもソフトウェアによる感染の監視や侵入の防止に目が行きがちです。
しかし、原則に立ち返って考えると、それはつまるところパーソナルな情報や画像・動画などを守ることが目的であり、日頃からそれらオンリーワンのデータをバックアップさえしてあれば、いざというときに必ず功を奏してくれるはず。

しかし、実際の現場では、ウィルス対策こそすれどバックアップなど考えたこともない、という状況が散見されます。

今回、HDDユーティリティで有名なParagon社より、facebookユーザーを対象として2011年4月22日の午後10時(日本時間)までの期間限定プロモーションとして、「Paragon System Backup 10(パラゴン システムバックアップ 10)」の無償ダウンロード配布が開始されました。
これは、3台のPCまで利用可能なライセンスで、複数台利用が常識となりつつある中、非常に気の利いたライセンスといえます。
(ちなみに、通常版は1ユーザーライセンスで¥4200!なり)
英語版限定の配布ですが、むずかしい単語もなく、インストールしたままの吊るしの状態でも効果的ですので、比較的とっつやすいはず。

パラゴンジャパンにより、日本語で通常版の製品紹介ページが用意されていますので内容を確認することができます。

http://www.paragon-software.com/jp/home/systembackup/

本来かけるべきコストは、ウィルス対策もバックアップも等価です。 無償で利用可能なこの機会に、ぜひオートメーションバックアップの世界をご堪能ください。

パラゴン システムバックアップ  10の主な特長

パラゴン システムバックアップは、PCビギナーにもとても扱いやすく設計されており、高度な自動化機能(スケジュール設定によってバックグランドで動作)を備えたバックアップユーティリティとして、システム及びデータの完璧なバックアップを行なうことが可能。
さらに、上級ユーザー向けに、特殊な個々のニーズに合わせてカスタマイズ可能なバックアップ設定オプションも備えています。
とはいえ、インスタントで自動化を選択した場合でも、カスタマイズにより各バックアップの詳細設定を行なった場合でも、ともにシステムバックアップの保護に対して最大限の効果を発揮してくれるはず。

  • 直感的なユーザーインターフェイスと高度な通知システム システム障害が発生した場合にも、簡単迅速に障害以前の状態へ高速に回復・復元・復旧が可能
  • スマートバックアップエンジンにより、自動モードでバックアップする際でも、稼働中の他のアプリケーションにリソース(メモリユーセージ)を譲ることで、PC全体への動作・パフォーマンスに大きな影響を与えにくい設計
  • 初期設定のバックアップストラテジー、または、独自に作成したバックアッププロセスのいずれを選択した場合でも、自動的なシステム及びデータのバックアップの定期的な実行環境を保持可能

対応OSは、Windows 7、Windows Vista、Windows XP(いずれも32ビット版、及び、64ビット版に対応)

パラゴン システムバックアップ 10の無料入手方法

今回、Paragon社は、ファンのためのパラゴン システムバックアップ 10 特別版の無料のシリアル番号とプロダクトキーを無償配布(プレゼント)しています。
このプレゼントは、2011年4月22日の午後10時(日本時間)に終了します。

facebokユーザーアカウントをお持ちでない場合はコチラで登録してください。
数分で登録作業は完了します。

まず、パラゴン社のfacebokプロモーションページへアクセス

http://www.facebook.com/pages/Paragon-Software-Group/116815481437?sk=app_7146470109

ページ上部の「イイネ!」ボタンをクリック。

 

facebookプロモ画面で「イイネ!」をクリック

 

 

表示されたページで、以下の画像の通り、必要事項を入力します。

 

必要事項を入力後、SUBMITボタンをクリック

 

 

名前、メールアドレス、国(日本:Japan)と言語(Japanese)を入力(選択)して、最終的に画像右の赤い横三角の「SUBMIT(送信)」ボタンをクリックしてください。

入力したメールアドレス宛に、なんと日本語でライセンスキーが届きます。

後は、そのライセンスキーをもとに、ご自分のOSにあわせたプログラム本体をダウンロードしてインストールすれば完了です。

ソフトウェア本体のダウンロード先

32-bit版(約90MB)

http://dl.paragon-software.com/special/SD10se_fb_32.msi

64-bit版(約90MB)

http://dl.paragon-software.com/special/SD10se_fb_64.msi