Windows XPを2014年4月9日のサポート期限終了後も利用するためのセキュリティTIPS

2014年4月9日に、いよいよ10年続いたWindows XPのサポートが終了します。

「Windows XP と Office 2003 のサポートがまもなく終了します:マイクロソフト」
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx?WT.mc_id=13_cm_wi_eos_ 
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx

こうしたセキュリティ上のリスクにさらされる警告をともなった不安を感じさせられてしまうのは、ほとんどの場合、パソコンが各家庭に普及して初めての経験になるためか、昨年からひっきりなしにこの問い合わせを受けます。

買い替え需要を促したほうが日本経済にはよろしいのでしょうが、そういうのは大手さんが得意なのでそちらにお任せして、当研究所では自己責任型の運用方法を考えてみたいと思います。

質問1. Windows XPは使えなくるのか?

答え:
使えます(利用できます)(起動できます)(ブート可能です)。
電源ボタンを押せば、これまでどおり起動し、ソフトも含め、インターネットもメールも利用可能です。

質問2. Windows XPを使い続けるのは違法なのか?

答え:
これもよくあるニュアンスの質問ですが、もちろん違法性などはありません(合法) 。
これは、裏返せば、「ライセンス(権利)」 の考え方が根付いてきた、ある意味良い傾向だと思います。

 違法、合法と考えるよりは、「MicrosoftはWindows XP (や、Office2003など)の権利を放棄した」と考えるとわかりやすいはず。
権利を放棄する代わりに「セキュリティ上のサポートの義務」も免れたいわけです。

 すでにこれまでも、Windows XP SP3(サービスパック3)を適用していない場合は免責となっていました。

質問3. Windows XPのサービスパックとは?SP3なら大丈夫そうなのか?

たとえば今日、 2000年台の中期あたりのXPパソコンを付属のディスク(CD、DVD)などで初期化(リカバリー、工場出荷状態)した場合、その直後では、よくてもWindows XP SP2までの最新の状態にしか戻すことができません。

この場合、
「Windows XP サービスパック3」 の表記のあるCD・DVDを使ってインストール(適用)するか、
もしくは、
インターネットに接続してアップデート(自動・手動いずれか)するしかないわけです。

 ディスクを使った場合でも、かならず最新の状態にはありません。
あるわけがありませんね。

 そして、その作業直後にウィルスに感染した話題やニュースってのは近年はありません。

 これはつまり、Windows XPのOSとしてのセキュリティホールが存在すれど、主なウィルスの感染ルートさえ閉じていればほぼ安全なことを意味します。

主なウィルスの感染ルートは、以下のとおりです。

1. 電子メールにひっついてきたウィルス
2. USBメモリなどにひっついてきたウィルス
3. インターネットからダウンロードした不審なソフト(アプリ、プログラム)からの感染
4. 正規のソフトにもかかわらず、アップデートなどで発生したバグによる感染 
5. Internet Explorerを利用中に、国外サイト、アダルトサイト、 アングラ(アンダーグラウンド)サイトを巡回して感染
6. インターネットを通じた違法なファイル共有による感染
7. ルーターでLANを組んでいないことよる直接攻撃。

質問4. サポート終了後のWindows XP SP3の運用方法は?

この答えは、比較的シンプルです。

一番大切なのは、インターネットの物理的接続方法です。
これは、いまどきの家庭にはルーターが整備され一定のファイアーウォールが確保されていることもあり、ほとんどは問題ないはず。

※逆に、ルーターを利用していない場合は、XPであろうが、Vistaであろうが、7、8、8.1であろうが、まっさきにルーターの導入を検討してください。

その上で以下の運用方法を提案します。

1. 電子メール → 送信、受信すべて、Webメールに切り替える
 ほとんどのプロバイダーでメールアドレスの変更なく利用できるはずです(これがないプロバイダーは乗り換えを検討)。
 Webメールは、Google、Yahoo!でも、プロバイダーのメールアドレスで運用可能です。

2. ウィルス対策ソフトはかならず最新に!
 USBメモリなどにひっついてきたウィルスにもこれで対応できます。
 MSE(マイクロソフト セキュリティ エッセンシャルズ)は、引き続きXPに対応します。 
 インターネットからダウンロードしてきたソフトも必ずこれを通します。
  → もちろん、ダウンロードしないことが一番です。 

 推奨は、Outpost Security Suite Free (無料総合セキュリティソフト)の導入です。
 http://free.agnitum.com/ 

 ウィルス対策、ファイアーウォールなど、設定はうるさいですが、性能はなかなか。

 同種類では、Comodo Free Firewall(無料ファイアーウォール)の利用も検討の価値はあります。
いろいろこうるさいですが。
 http://personalfirewall.comodo.com/

3. インターネットブラウザーは、Google Chrome、Firefoxを利用
  随時更新される(頻度が高い傾向にある)これらブラウザーを積極的に利用してください。
 使い方は変わりません。
 Internet Explorerを手放す習慣を身につけましょう。
 (XPのサポートが終わるまで限定ですが) 

4. 今以上に新しい銘柄のソフトウェアをインストールしない
 近年、身元不明なソフトウェア・アプリからの感染がほとんどです。 
 Flash、java、Acrobatの必需品御三家のアップデートはまめに。

5. 中級以上向けには、サンドボックス、仮想PCの利用がおすすめ
 
この単語の意味を知っている方ならば大丈夫。

6.最強の手段は、個人情報をXPパソコン上に置かない、利用しないこと。 

ネット上ではよく「ノーガード戦法」などと揶揄されます。
ウィルス対策ソフトは導入してもしなくてもいいですが、とにかく個人情報を一切入力しないこと。

!ネット銀行は利用しない。
!クレジットカード番号も通さない。
!メールは、Webメールで無料の捨てアドレスで運用。 
!国内外含め、不審な変なサイトにはアクセスしない。
!掲示板などに極力書き込まない(閲覧専門)。

 

 ここまであげたことは、最新のパソコンでも云えることばかりです。
けっきょく、普段のセキュリティ意識があるかどうかだけのことだと思います。

 

質問 番外編・・・ Windows XP 以外にどうしよう?

画面に表示されるのがとても嫌なかたは「表示しない」を選択。

今の時代、Linuxでもほとんど不便はないと思いますが、年賀状シーズンのみが頭の痛いところです。

 

«

»