BitDefenderから、無料のUSBメモリオートラン(自動実行)感染ウィルス防止・免疫化ソフト「USB Immunizer」リリース!

近年、Trojan.AutorunInf、Conficker worm(Win32.Worm.Downadup)またはWorm.Autorun.VHDオートランなどの悪名高き(自動実行型)ベースのマルウェア(悪意あるプログラム)が世界中でその脅威をふるいだしています。

さて、この「オートラン」という機能、ほとんどのひとは知ってるはず。 CD-ROM、DVDのディスクなどをパソコンの光学ドライブから読み込ませた際に、自動的にインストールが始まる、例のアレです。

もともと、パソコンに不慣れなビギナーユーザーが、メディアからのソフトウェアのインストールなどを簡単にできるようにする目的で、Windows XPあたりから導入された仕組みでした。
しかし、その補助機能があだとなり、ユーザーの自動実行機能を逆手にとり、急速にサイバー犯罪者による感染ルートターゲットとなっています 。

今回、そうしたセキュリティトラブルに対応するべく、ビットディフェンダー社より無料でリリースされたのが「USB immunizer(イミュナイザー)」です。

操作は二通りと、いたってシンプル。

USBイミュナイザー起動画面と操作説明

ひとつは、ソフトを起動して、ドロップダウンリストから自分のパソコンに接続競れている対象となるUSBメモリやSDカードなどのリムーバブルメディアを選択し、「IMMUNIZE(免疫化)」ボタンをクリックすれば、オートランベース(自動実行型)のウィルス・マルウェアの感染に対する予防が可能になります。

これにより、万が一、USBメモリやストレージ・デバイスを感染したコンピュータにプラグイン(接続)したとしても、マルウェアのオートラン自体を防止し、また、autorun.inf(接続時のオートラン自動実行情報が書かれているファイル)の作成も撲滅します。

もうひとつの機能としては、「IMMUNIZE COMPUTER(コンピュータの免疫)」スライダスイッチを使用して、Windowsの持つオートラン(自動実行)機能を切り替えるというものです。
(※ただし、CD / DVD-ROMなどの光学デバイス・リムーバブルメディアは除外)
これは、最初の機能の逆の状況を想定したもので、万が一、感染したUSBドライブなどを自分のパソコンに接続した場合でも、USBストレージデバイス上にあるマルウェアがWindowsによって自動実行されるのを防止します。

BitDefender 「USB Immunizer」のダウンロード

以下の、BitDefender Labs.のサイトからダウンロードが可能です。
※英語サイト

http://labs.bitdefender.com/?page_id=108

画面右の「DOWNLOAD」ボタンでダウンロード開始。

ZIP圧縮された「BDUSBImmunizer1.zip(約1.2MB)」が入手できるので、解凍して出てくる「BDUSBImmunizer.exe」を任意の場所から実行してください。

«

»

blog comments powered by Disqus