学生向け公募、最高賞金30万円!ウィルスバスターでおなじみのトレンドマイクロ社によるセキュリティ向上企画「トレンドマイクロ セキュリティアワード2011」2011.4.13募集開始

ウィルスバスターで、日本のセキュリティ対策市場では広いシェアをほこるトレンドマイクロ社が、本年で二回目となる「トレンドマイクロ セキュリティアワード2011」の募集を2011年4月13日より開始しました。

この企画、同社の社会活動の一環として立ち上げられたもので、特に次世代を担う若い世代の人材発掘と育成を目的としているようです。 その象徴的なキーワードとして、近年、やや使い古された感のある「ユビキタス」や「IT」などの上級イメージである「ICT(Information and Communication Technology)」を掲げておいます。 ”コミュニケーション”という単語が含まれるとおり、もっと身近になった情報化社会を指すものですが、それにあわせて今回のアワードでは「利用者が増えるスマートフォンのセキュリティ対策」やmixi、facebookなどのSNSでのセキュリティ対策など5つのテーマを公募の対象としています。

トレンドマイクロ社の2011/4/13ニュースリリース
http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20110413004937.html

 

「トレンドマイクロ セキュリティアワード2011」公募概要

  • 名称: トレンドマイクロ セキュリティアワード2011
  • 募集期間: 2011年4月13日(水)~2011年7月1日(金)
  • 応募資格:  大学院・大学・短期大学・専修学校(専門課程)・高等専門学校に在学する学生・生徒によるグループもしくは個人で、アワードの最終選考会に参加可能であること。応募者の国籍は問わない。
  • 応募テーマ:  「スマートフォンのセキュリティ」、「より安心安全なSNS等のデジタルコミュニケーション」、「トレンドマイクロのWebレピュテーション評価APIを利用した新しいソリューション」「組織の情報セキュリティマネジメント」「自由課題(情報セキュリティやプライバシー情報保護、データ保全などの分野に限る)」の中から一つのテーマを選択
  • 応募要項:  トレンドマイクロのアワード登録ページhttp://www.trendmicro.co.jp/securityaward/)から申し込みのうえ、送付される応募用紙に必要事項を記入して、応募期間内に提出。応募言語は日本語および英語に限定。
  • 最終選考会:  2011年10月13日(木)に東京都内で公開カンファレンス形式にて実施。1チーム約15分間のプレゼンテーションおよびデモンストレーションを実施し、審査委員による最終選考を経て、同日に受賞チームを決定。
  • 各賞および賞金: 最優秀賞(1組) 30万円、 優秀賞(3組) 10万円
  • 審査委員:
    審査委員長  東京電機大学 教授  佐々木 良一 氏
    審査委員  公立大学産業技術大学院大学 教授  瀬戸 洋一 氏
    京都大学学術情報メディアセンター 准教授 上原 哲太郎 氏
    日経BP社 コンピュータ・ネットワーク局長   桔梗原 富夫 氏
    トレンドマイクロ株式会社 取締役 日本地域担当 大三川 彰彦
  • 主催: トレンドマイクロ株式会社
  • アワードに関するお問い合わせ: トレンドマイクロ セキュリティアワード事務局 e-mail: trendmicro_award@ark3.jp
  • その他、応募に関する注意事項など、アワードについての詳細は、以下サイトを参照ください。
  • http://www.trendmicro.co.jp/securityaward/

※TRENDMICROは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

«

»

blog comments powered by Disqus