高速でかつ安全・便利・無料なGoogleのインターネット閲覧ソフト「Google Chrome」Windows用の最新βバージョン(4.1.249.1021)をリリース

2010年3月1日、Google(アメリカ本社)は3月1日、無料のWebブラウザ(インターネット閲覧ソフト)「Google Chrome(グーグル クローム)」のWindows用の最新β(ベータバージョン4.1.249.1021)をリリースしたことを発表しました。

現在、Google Chromeのβページからダウンロードできます。
http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html?hl=ja&hl=ja

この最新βバージョンでは、Webページの自動翻訳機能が追加されました。
Chromeのオプション設定で選択した言語以外のページを表示すると、ページ上部に例えば「これは英語のページです。翻訳しますか?」などと表示され、「翻訳」を選ぶと自動的に設定言語に翻訳されるのでわずらわしい外部翻訳サイトの利用や処理の重くなるアドインが不要となり、高速に海外のサイトを日本語で閲覧することができます。
また、オプションであらかじめ翻訳しないページを設定しておくこともできるので、英語などの機械翻訳に不安を持っている場合は非常に効果を発揮します。

その他、プライバシーの設定についても強化が施されました。
オプション設定の「高度な設定」に「コンテンツの設定」メニューが追加され、さたに指定したサイトごとに、Cookie、画像、JavaScript、プラグイン、ポップアップなどセキュリティに関する項目についての設定の自由度が向上しています。

 

«

»

blog comments powered by Disqus